【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)名古屋三井ビルディング北館ー三井不動産の名古屋駅前再開発の状況 20.02


名古屋駅前に三井不動産の新たな超高層ビルが誕生!

三井不動産は、2018年06月22日付けのニュースリリースで、名古屋市中村区名駅四丁目にて推進中の「(仮称)名古屋三井ビルディング北館」を着工しましたと発表しました。計画地は名駅から徒歩4分ほどの駅前立地で、地上 20 階・地下 2 階、延床面積 29,000 ㎡の複合ビルが建設されます。地下 1 階から地上 3 階までは商業施設、 519 階がオフィス、 屋上にはオフィスワーカー専用のリフレッシュガーデンが設けられます。

【出典元】
三井不動産>名古屋駅前に新たなランドマーク 「(仮称)名古屋三井ビルディング北館」着工(PDF)

【過去記事】
(仮称)名古屋三井ビルディング北館ー三井不動産の名古屋駅前再開発の状況 18.09
(仮称)名古屋三井ビルディング北館ー三井不動産が名古屋駅前を再開発、地上20階建ての高層ビルを建設!

 

 

 

 


計画地はこちらです。ミッドランドスクエアの南側、モード学園スパイラルタワーズの北側に位置する好立地です。

 

 

 

 


【スペック】
計画名称:(仮称)名古屋三井ビルディング北館
所在地:名古屋市中村区名駅4丁目804番ほか(地番)
階数:地上20階、地下2
高さ:99.75
構造: 一部 SRC 
杭・基礎 :
主用途:事務所、店舗、駐車場
客室数:——
敷地面積:2,248.53
建築面積:1,543.68
延床面積:29,450.98
建築主:三井不動産
設計者:日建設計
施工者:竹中工務店
着工:20186
竣工:20211月末(予定)

 

 

 

2020年2月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2018年9月だったので、約1年5ヶ月振りの取材です。

 

 

 

ガラス張りの美しい外観が姿を現し始めました。このビルは日本の高層ビルでは珍しい有機的なデザインになる予定なので完成が楽しみです。

 

 

 

少し角度を変えて見た様子です。

 

 

 

南東側から見た様子です。

 

 

 

北東側から見た様子です。(仮称)名古屋三井ビルディング北館の計画地は付近は街区が3つに細分化されてしまいました。その為、ビル断面形状が 複雑な形をしています。

 

 

 


最後は北側から見た様子です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です