MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

デジタルホテル「slash(スラッシュ)川崎」がサイバー過ぎて泊まってみたい!


(株)グローバルエージェンツは2019年11月1日に新ブランドの「slash(スラッシュ) 川崎」を開業しました。同社6ブランド目となる「slash」は さまざまなデジタルツールを用いてユニークなゲスト体験を提供するデジタルホテルを提案しています。

共用部はさまざまなデジタルアートを配し、チェックインはiPadで行ないます。 95室あるゲストルームは、コンパクトながら空間設計による居住性とエンターテインメント性の両立を実現。独立したシャワー・トイレ・洗面化粧台、スマートポッドに使用されているベッド機構やIoT体験を客室内に展開していることが最大の特徴です。

【出展元】
グローバルエージェンツが7ブランド目のホテルとなる「slash(スラッシュ)」を川崎に開業。デジタルツールを駆使してゲスト体験を演出するデジタルホテルを新提案

 

 



slash(スラッシュ) は、デジタルネイティブの視点で様々なデジタルツールを用いてユニークなゲスト体験を提供する“デジタルホテル”という新しいタイプのホテルを提案しています。ホテル内に仕掛けられた様々なデジタルアート、iPadでのチェックイン、iPhoneをリモコンとして操作できる客室、スクリーンに自身のスマホをミラーリングできるプロジェクターなどデジタルツールを駆使してユニークなゲスト体験を創出します。

 

slash(スラッシュ)川崎 施設概要
所在地〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-9-7
アクセスJR川崎駅東口から徒歩5分
延床面積2,099.76㎡
客室数95室
その他の施設バー・レストラン(slash cafe & bar)、ラウンジ、テラス、ルーフトップテラス
客室単価スモールダブル6,000円前後、ダブル7,000円前後、ツイン9,000円前後、
スーペリアツイン10,000円前後
開業日2019年11月1日
 

 

 

_/ BED

ベッドの上で仕事をしたいとき、映画を視聴したいとき、スマホをいじりたいときなど、シーンによってベストな体勢の角度は異なるものです。「slash」の客室内のベッドは電動制御によりリクライニング機能を有し、最大80度の無段階調整が可能です。

 

 

 


プロジェクター

全ての客室にはプロジェクターが設置されており、電動スクリーンを下ろすと80インチの大画面で映画鑑賞が可能です。ゲストのスマホなどのデバイスを投影できるためNetflixやHuluなどお好きなコンテンツが楽しめます。

 

 

 

#iPhone

客室内には通常のホテル客室用の内線電話ではなくiPhoneを設置。客室の内線電話としてフロントとのコミュニケーションも可能です。さらにIoT技術を活用して室内の電動スクリーンとベッドを操作するリモコンとしての機能も備えています。

 

 

<レセプションデスク>

スラッシュ「/」の文字をかたどったデジタルディスプレイを活用したデジタルアートがゲストの帰りをお迎え。良く解りませんが、とにかくサイバーなビジュアルに惚れました。

 

 

<テラス>

ラウンジ横にあるテラスは、夕刻にはファイヤーテーブルに火が灯り、ライトアップしたグリーンとともに川崎の街中で非日常感を演出します。

 

 

 

 


<ラウンジ>

円形のライティングが象徴的なバーを中心にエントランス、レセプション、ラウンジ、テラスが展開する特徴的な空間設計。朝は朝食会場として、日中はコワーキングスペースとして、夜はホテル内のレストラン「slash cafe & bar」でのディナーやラウンジでのコミュニケーションが楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE