【再都市化ナレッジデータベース】

「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」宮古島・トゥリバー地区にヒルトンが進出!【2023年開業】

 

三菱地所とヒルトンは2020年2月26日付けのニュースリリースで「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」の運営受託契約を締結し2023年の開業を目指すと発表しました。同ホテルは三菱地所と鹿島建設が開発・建設し、ヒルトンが運営を担い、2023年の開業を目指します。三菱地所が沖縄県内において、ビーチリゾートホテルの開発を行うこと、沖縄県の離島にヒルトンが進出するのは今回が初となり、開業準備中のホテルを含め沖縄県内では6軒目のホテルとなります。

【出展元】
宮古島・トゥリバー地区に「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」

 


「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」は、宮古空港から車で約15分(7km)、下地島空港から車で約25分(13km)の距離に位置し、宮古島の中心市街地や伊良部大橋に程近い場所に建設されます。オーシャンフロントでビーチに面し、伊良部大橋が見渡せる立地の良さを生かした全329室の客室に、プールや宴会場の他、オーシャンビューのルーフトップバー、レストラン、スパ、フィットネスジム、チャペル、エグゼクティブラウンジ、ミーティングルーム等を備える予定です。


【ホテル概要】
名称:ヒルトン沖縄宮古島リゾート
所在地:沖縄県宮古島市平良字久貝アゲタ550-7(地番)
建物規模:地上8階
敷地面積:54,769㎡
延床面積:27,983㎡
客室数:329室(ツインベッドルーム、キングベッドルーム、スイートルーム、バリアフリールーム)
共用施設:オールデイダイニング、シグネチャーレストラン、ロビーバー、ルーフトップバー、エグゼクティブラウンジ、ミーティングルーム、ボールルーム、スパ、フィットネスルーム、キッズルーム、屋内プール、屋外プール、プールバー、ウェディングチャペル


 

 


宮古島市には、東京、大阪、名古屋の3都市からの直行便が運航する宮古空港に加え、2019年3月に、下地島空港に新しい旅客ターミナルビルが開業しました。東京・大阪から更なるエアラインが定期運航を開始したほか、香港からの直行便や台湾、韓国のチャーター便も就航しており、訪れる旅行者は年々着実に増えています。

下地島空港の旅客ターミナルビルである「みやこ下地島空港ターミナル」は、三菱地所グループが開発・運営しており、「空港から、リゾート、はじまる。」のコンセプトのもと、豊かな緑や自然の光を取り込み、空港に到着した瞬間から、宮古諸島を離れる航空機へ搭乗する直前まで、リゾートが体感できる空間を目指しています。新ヒルトンホテルとともに同施設が国内外の人々に宮古諸島の魅力を伝えるゲートウェイとなり地域活性に寄与できるよう、地元の特産品や地域文化の情報発信に努めてい行くとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です