【再都市化ナレッジデータベース】

スペースアール(SPACER)は電子鍵の受け渡しが出来る新世代のロッカーサービス!

スペースアール(SPACER)は、スマホでロッカーを開け閉めでき、「ロッカーの鍵」をスマホ上で送信できる次世代ロッカーサービスです。スマホでカギを手に入れ、スマホをかざして閉めます。カギはスマホ上で送受信できる電子キーなので、このスペースアールを使って荷物の受け渡しも可能になります。

【出展元】 スペースアール(SPACER

 

以前にレポートしたONthe UMEDAさんの地下入り口近くに設置されました!

 

スペースアール(SPACER)の特徴


1)荷物の預け入れ
荷物を預けるのは2時間まで無料。その後6時間毎に240円の料金が発生

2)24時間受け渡し
商店街やクリーニング店などで商品の受け渡しが24時間可能になります。帰宅時間が遅いビジネスマンなどが重宝しそうです。

3)近接匿名取引き
近接同士なら配送料無し、梱包無しで完全匿名でのEC取引が可能に。再配達の抑制にも効果を発揮しそうです。

4)次世代ゲームのインフラ
クイズに正解すると電子鍵が送信させる宝箱を解錠すると中に景品が!といったゲームキャンペーンを展開する事が出来ます。

 

SPACERの使い方

 

スペースアールの使い方はiPhoneならApp Storeより「SPACER」を検索してアプリをインストール。AndroidはchromeブラウザからこのURLにアクセス。アプリ内で利用チケットを購入。あとは下記のイラストの要領でロッカーを選んで利用します。

https://app.spacer.co.jp/

 



 

シンプルな発想で利便性を提供



スペースアール(SPACER)のビジネスモデルは非常にシンプルで、最大のポイントは「電子鍵をLINEなどで受け渡し出来る事」です。

また、普及させる為に、従来のICカード対応ロッカーに比べで数十分の一というローコスト化に成功してる点が、「電子鍵の受け渡し」を用いた新たなビジネス展開を予感させます。ターミナル駅やクリーニング店などでスペースアー(SPACER)が広がって行けば相当面白い事になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です