【再都市化ナレッジデータベース】

トヨタ 新型RAV4はオフロードに耐える力強さとシティSUVの雰囲気を併せ持つバランスの良いクルマ!


ミドルSUVのトヨタRAV4は1994年に初代モデルを発売して以来、クロスオーバーSUVのパイオニアとして新たな市場を切り拓き、先導し続けてきたモデルです。2019年4月に5代目のRAV4が発売され、ダイナミックトルクベクタリングAWDをはじめ3種類の4WDシステムがすぐれた走行性能を発揮。SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザイン、広いラゲッジスペースなど、トータルバランスに優れたクルマに仕上がっています。

2019-2020年の日本カーオブザイヤーを受賞、3000台の月間販売目標台数に対し2019年は月約6000台、2020年に入ってからの平均販売台数も月約5600台を販売しており高い人気を得ています。

 

 

新型RAV4 PHVは、新開発のプラグインハイブリッドシステム「THSII Plug-in」を採用。RAV4のハイブリッドシステムよりもフロントモーターとインバーターを高出力化し、大容量・高出力の新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせることでシステム最高出力225kW306PS)を達成、スポーティで力強い走行を可能しました。また、EVモードでの「走りの楽しさ」を長く楽しめるように、クラストップレベルのEV走行距離95kmを実現。すぐれた環境性能も両立させています。

 

 

フロントマスクの様子です。エクステリアは専用のフロントグリルとロアモールが個性を際立たせ、低重心で踏ん張り感のあるスポーティな表情を訴求。専用LEDデイライトは先進感を強調し、RAV4ブランドの最上級モデルとして、先進かつスポーティなイメージをより強めたフロントビューとなっています。

 

 

サイドビューです。新意匠の19インチ専用アルミホイールは、切削光輝仕上げのスポークとサイドのブラック塗装が特徴です。

 

 

左斜め後方から見た様子です。この角度がカッコイイ。

 

 

リアビューです。先日ご紹介したハリアーと兄弟車である事が見て取れます。

 

 

 

 

トランクルームはこんな感じ。ラゲッジの積載性が高く、フラットな荷台は使い勝手が良さそうに見えました。

 

 

インテリアの様子です。オーソドックスでシンプルですが、SUVらしいワイルド感を感じるデザインです。。大型のセンターコンソールをはじめ、視認性、操作性に優れています。

 

 

ハンドル廻りの様子です。

 

 

インパネはこんな感じ。真ん中のスピードメーターは液晶モニタで、その左右にアガログメーターを配置しています。

 

 

最近のトヨタ車に共通するセンタークラスターから飛び出したデカナビ。

 

 

センターコンソール付近の様子です。エアコンの操作つまみが大型で手袋を着けたままでも操作できそうです。

 

 

ハリアーとは異なる方向性です、ワイルド感を醸し出しつつ高級感があるインテリアです。

 

 

ドアトリムはこんな感じ。大胆なステッチが良いアクセントになっています。

 

 

リアシートmの様子です。広さも十分で居住性に問題はありません。ロングドライブも快適そうです。

 

 

新型RAV4はオーソドックスな「ミドルSUV」ですが、オフロードにも耐える強さとシティSUVとしての洗練された雰囲気を併せ持つデザインが魅力的です。インテリアの質感も上々で、リアシートやラゲッジスペースの広さも申し分なく、トップレベルの自動ブレーキや停止まで対応する先行者追従型のアダプティブクルーズコントロールなどから構成される安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備するなど安全性もバッチリです。RAV4はコストパフォーマンスがかなり良いので、売れて当然といった感じのクルマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です