新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

SEA SPICA(シー スピカ)JR西日本グループと瀬戸内海汽船グループが新造観光型高速クルーザーの建造着手を発表!


JR西日本グループと、瀬戸内海汽船グループは、201958日に締結した「せとうちエリアの海事観光の振興に向けた連携協定」に基づき、観光型高速クルーザーの開発・導入について具体的な検討を進め、クルーザーの船舶名・デザイン・仕様を決定し、まもなく建造に着手すると発表しました。

船舶名は「SEA SPICA」(シー スピカ)。SPICA(スピカ)は、豊穣の女神を象徴する乙女座の一等星で、日本名は真珠星。この船が、 瀬戸内の海で、青白く美しい輝きを放ちながら、お客様を自由で開放的な旅にいざないたい、という思いを込め て命名されました。「SEA SPICA」は、2020年夏のオリンピック・パラリンピック開催時期にあわせた竣工・デビューを目指しています。

【出展元】
せとうちエリアにおける観光型高速クルーザーの建造に着手します
2020年夏、観光型高速クルーザー「SEA SPICA(シー スピカ)」せとうちエリアに登場!

アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!

 

 

 


新造する観光型高速クルーザーの概要

 

◆船舶名称
 「SEA SPICA」(シー・スピカ)

 

◆運航エリア
 広島港(宇品)と三原港とを結ぶ、とびしま海道・しまなみ海道エリア
 航路名称:「瀬戸内しまたびライン(Setouchi Shimatabi Line)」
 運航主体:瀬戸内シーライン株式会社

 

◆船舶仕様のポイント
 ・瀬戸内の多島美をぜいたくかつ効率よく楽しむための設備および高速性能を具備(デッキを含めたバリアフリー対応)
 ・外国人観光客にも快適にご利用いただける船内案内設備
 ・旅行会社によるチャーターにも適した90人程度の座席定員

 

◆建造主
 株式会社瀬戸内島たびコーポレーション※、および独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
 瀬戸内シーラインおよび株式会社JR西日本イノベーションズによる共同出資会社

 

◆造船所
 瀬戸内クラフト株式会社(広島県尾道市)

 

 

 

川西 康之氏がデザインを担当


SEA SPICA(シー スピカ)のデザインは建築家、デザイナーの川西 康之(かわにし やすゆき)氏が手がけています。同氏は、土佐くろしお鉄道 中村駅リノベーションやえちごトキめき鉄道 雪月花をはじめ受賞多数。2020年春運行開始予定の「WEST EXPRESS 銀河」のデザインも手掛けています。

 

 

 

工夫を凝らした船内

シースピカは、特注のソファ型の座席を用意し、各席にテーブルやドリンクホルダーを設置 。」窓側の座席を少し外側に傾け、背ずりもやや 低くすることで、窓からの景色を楽しめる様に工夫しています。Wi-Fi AC 電源を備え、訪日外国人 の旅行者にも対応できる高音質高画質の 案内設備が設けられます。船内では観光ガイドやお土産物等の販売が行われます。

 

 

 

SEA SPICA」アンバサダーに、STU48が就任!

STU48は、「瀬戸内」エリアを本拠地とし、「1つの海、7つの県」を中心に活動するAKB48グループ初の広域アイドルグループで、国内6番目のAKB48姉妹グループとして20173月に誕生しました。瀬戸内海を主とした船上劇場というスタイルで、歌とダンス・トークから構成される公演を各港で展開しています。STU48は「SEA SPICA(シー・スピカ)」が出来上がる様子を造船所からレポートなど行っていく予定です。

2 COMMENTS

三刀流

大阪湾にもこんな船走るといいですね。夢洲ー明石海峡ー鳴門海峡ー紀淡海峡ー関空といったコースも考えられそうです。

アリー my dear

おはようございます(^o^)

この船はカッコいいですね!私も乗ってみたいです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です