MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

パナソニックが天窓を人工的に再現する「天窓Vision」を発表!バイオフィリックデザインを目指す新たな空間演出を提案


パナソニック ライフソリューションは、2021年5月25日付けのニュースリリースで、雲が流れる空や揺れる木々などを映し、天窓を人工的に再現する空間演出システム「天窓Vision」を開発し、関連エンジニアリング事業会社を通じて展開すると発表しました。今後、天窓Visionを核とした、照明や音響などを組み合わせた空間演出のソリューション提案を計画しています。

現在、テレワークの普及やネット通販の需要増加に伴い、オフィスや店舗に求められる空間が変わりつつあります。オフィスではコミュニケーション活性化のためにリラックス感を演出した空間、商業施設では実店舗ならではの体験ができる空間などが注目されています。そうした空間演出手法の一つとして、自然を感じられる要素を取り入れた「バイオフィリックデザイン」が浸透しつつあります。

【出展元】
天窓を人工的に再現する「天窓Vision」を開発 照明や音響などを組み合わせた空間演出提案を開始

 

 



「バイオフィリックデザイン」とは、人は自然環境下で進化してきたため、先天的に自然や森林を「好ましい」と感じる性質があるとした科学的仮説「バイオフィリア」に基づいた空間デザインの事で、業務効率や幸福感に与える影響など、様々な研究が進められています。

同社は2019年に、自然光が取れない閉鎖的な場所で自然とのつながりや解放感を感じられる空間演出をするため、雲が流れる空などを映し、天窓を人工的に再現する空間演出システム「天窓照明」を開発し、リラックス感や外とのつながりを感じられることを実証実験にて確認、数量限定で販売してきました。

 

 

 


今回の「天窓Vision」は、「天窓照明」と比較し発光面積が約2.4倍の大型タイプの展開と本体連結ができるようになり、よりダイナミックで解放感のある空間演出が可能となりました。「天窓Vision」の連結は最大で3台まで、映像コンテンツの連動は6台まで。最大で幅約3mの疑似天窓が作成できます。

また、スペースが限られる天井裏に対応するため製品の高さを約30%低減したことに加え、小型タイプも展開し設置場所の自由度を向上。さらに「天窓照明」の柔らかで奥行感のある映像表現を生かしつつ、葉や雲の動きなどをしっかりと表現できるよう、解像度が高められました。これにより、「桜」や「冬景色」などの新たな映像コンテンツを追加でき、季節の変化に合わせた演出が可能になりました。

 

 


映像は、葉や雲の動きなどをしっかりと表現できるよう解像度を高め、「桜」や「冬景色」などの新たな映像コンテンツを追加。時間帯に合わせて映像コンテンツの切り替えが可能で、春・夏・秋・冬など季節の移ろいを演出することができます。

 

 


Panasonicは、天窓Visionの空間演出に合わせて照明や音響などの機器を連動できる制御ユニットを、夏頃の完成を目指して開発中しています。今後は、天窓Visionに光や音などを組み合わせ、「バイオフィリックデザイン」にデジタル技術を掛け合わせた新たな空間演出として提案して行く予定です。

 

 

 

 

 

 

<特長>
1. 発光面積が従来比約2.4倍の大型タイプを連結して設置することでダイナミックな演出が可能
2. 葉や雲の動きなどをしっかりと表現できるよう解像度を向上
3. 開発中の制御ユニットを組み合わせることで、照明・音響機器との連動が可能

 

1 COMMENT

サジャ

これこそ8kかな・・。壁に作ると正にそこは別の場所。窓枠を作っておけば現実との違いが分からないという?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です