【再都市化ナレッジデータベース】

日本生命淀屋橋ビル新築工事の状況 20.04


日本生命保険相互会社は2019312日付けのニュースリリースで、解体中の『日本生命淀屋橋ビル』を新たなオフィスビルに建て替える事を正式に発表しました。新築ビルの高さは約123m(軒高の可能性あり)、地上25階、延べ床面積約51,500㎡、基準階貸室面積約1,570㎡(約470坪)の規模で、20202月着工、202210月竣工を予定しています。投資金額は200億円超、想定利回りは4%程度との事です。

【出展元】
日本命淀屋橋ビルの建替計画について

【過去記事】
日本生命淀屋橋ビル新築工事の状況 20.03
日本生命淀屋橋ビル新築工事の状況 20.01
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.11
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.09
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.09
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.08
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.06
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.05
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.02
日本命淀屋橋ビルの建て替えが正式発表。新ビルは高さ約123mの超高層ビルに!

 

 



計画地はこちらです。御堂筋の東側、土佐堀通り沿い立地です。

 

 

 

 


【スペック】
計画名称:(仮称)新淀屋橋ビル新築計画
所在地:大阪市中央区北浜3丁目1番、1番9他
階数:地上25階、地下1階
高さ:123m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:事務所、店舗(既存 自動車車庫)
総戸数:——
敷地面積:4,666.74
建築面積:2,600
延床面積:51,500(容積対象延べ面積:46,667㎡)
建築主:日本生命
設計者:大林組
施工者:日本生命淀屋橋ビル新築共同企業体(大林組、奥村組、藤木工務店、大末建設)
着工:2020年02月(予定)
竣工:2022年10月末日(予定)

 

 

2020年4月の様子

   

現地の様子です。前回の撮影が2020年3月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 

北西側から見た様子です。

 

 

 

南東側から見た様子です。前回と同じく基礎工事が行われています。

 

 

 

最後は南西側から見た様子です。1月に登場したモックアップはまだ残っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です