MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

日本生命淀屋橋ビル新築工事の状況 21.09【2022年10月竣工】


日本生命保険相互会社は2019312日付けのニュースリリースで、解体中の『日本生命淀屋橋ビル』を新たなオフィスビルに建て替える事を正式に発表しました。新築ビルの高さは約123m(軒高の可能性あり)、地上25階、延べ床面積約51,500㎡、基準階貸室面積約1,570㎡(約470坪)の規模で、20202月着工、202210月竣工を予定しています。投資金額は200億円超、想定利回りは4%程度との事です。

【出展元】
日本命淀屋橋ビルの建替計画について

【過去記事】
日本生命淀屋橋ビル新築工事の状況 20.03
日本生命淀屋橋ビル新築工事の状況 20.01
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.11
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.09
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.09
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.08
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.06
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.05
日本生命淀屋橋ビル解体工事の状況 19.02
日本命淀屋橋ビルの建て替えが正式発表。新ビルは高さ約123mの超高層ビルに!

 

 

 

計画概要


【スペック】
計画名称:(仮称)新淀屋橋ビル新築計画
所在地:大阪市中央区北浜3丁目1番、1番9他
階数:地上25階、地下1階
高さ:123m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:事務所、店舗(既存 自動車車庫)
総戸数:——
敷地面積:4,666.74
建築面積:2,600
延床面積:51,500(容積対象延べ面積:46,667㎡)
建築主:日本生命
設計者:大林組
施工者:日本生命淀屋橋ビル新築共同企業体(大林組、奥村組、藤木工務店、大末建設)
着工:2020年02月(予定)
竣工:2022年10月末日(予定)

 

2021年9月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年8月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 


北東側から見た様子です。外装カーテンウォールの取り付けさらに進み、建設工事は、いよいよクライマックスを迎えます。

 

 

 


北西側から見た様子です。

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 

 


最後はブリーゼタワーから見た現地周辺の様子です。

 

 

2021年8月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年7月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 


北東側から見た様子です。外装カーテンウォールの取り付けが、かなり進みました。

 

 


北西側から見た様子です。

 

 



頂部付近の様子です。銀色の「亜鉛めっき」が施された鉄骨が組まれており棟屋を構築している所でした。ここが計画上の最高部になります。

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 




南側から見た様子です。

 

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 


適塾越しに見た様子です。

 

 

 


最後は御堂筋側から見た様子です。

 

 

2021年7月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2021年6月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 


この一ヶ月間で外装カーテンウォールの取り付けがさらに進みました!最近は、「光害対策」やビルを環境性能に対応させる為に全面ガラス張りのオフィスビルは少なくなっていますが、日本生命淀屋橋ビルはガラス面が比較的多めのビルとなっています。

 

 

 

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 


北西側から見た様子です。

 

 

 


もう少し離れた所から見た様子です。周りのビルと比べると、大きさはこんな感じに見えます。

 

 

 

 


最後は一気に撮影ポイントを変えて、Twin21から見た現地付近の様子です。北側のタワークレーンがマストクライミングしており、次の躯体の成長に備えている事が確認できました。

 

 

 

2021年6月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年4月だったので約2ヶ月ぶりの取材です。

 

 


北東側から見た様子です。かなり高くなってきました!目測で地上20階付近を構築している所でした。

 

 


基壇部の様子です。日生本館へのリスペクトを感じるデザインになっています。

 

 


南東側から見た様子です。

 

 


南西側から見た様子です。

 


日本生命保険相互会社 東館(写真左)との並びです。

 


最後は少し離れた所から見た様子です。淀屋橋駅付近では頭一つ抜けてる高さに成長しました!

 

 

2021年4月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2021年3月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 


北側から見た様子です。この1ヶ月でガラスカーテンウォールの取り付けが進んでおり驚きました!

 

 

 


以前に設置されていたモックアップです。建設中のビルと見比べて見ると面白いです。

 

 

 


再び現地の様子です。基壇部はこんな感じです。日生本館へのリスペクトを感じるデザインです。

 


北西側から見た様子です。

 

 


鉄骨は3フロア分づつ伸びる様です。

 

 


近くで見上げた様子です。少し遅れていた南側の鉄骨建方が進んでいます。

 

 


真東から見たげた様子です。

 


最後は南東側から見た様子です。

 

 

2021年3月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2021年2月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 


北東側から見た様子です。猛烈なスピードで鉄骨建方が進んでいます。

 

 

 


低層基壇部の様子です。外装カーテンウォールの取り付けが始まりました!日生本館に対するリスペクトを感じるデザインを見て、ちょっと感動してしまいました。

 


北側から見た様子です。

 


近くで見上げた様子です。

 


南東側から見た様子です。

 


最後は南西側から見た様子です。

 

 

 

2021年2月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年1月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 


この一ヶ月で鉄骨建方がさらに進みました。成長速度はかなり早いです。

 

 

 


北西側から見た様子です。

 


最後は南東側から見た様子です。

 

 

2020年1月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年12月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 


僅か1ヶ月でここまで鉄骨が成長するとは驚きました!

 

 


北西側から見た様子です。

 

 


南西側から見た様子です。角に設置されているモックアップがまだ在りました。

 

 


最後は南東側から見た様子です。

 

 

 

2020年12月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年10月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 


長らく基礎工事が行われてきましたが、ついに地上鉄骨建方が始まりました!

 


アップで見た様子です。ここまで来るまで長かったので鉄骨を見て感動しました。

 

 

 


北東側から見た様子です。取材時点ではタワークレーンは未設置でクローラークレーンが使われてきました。

 

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 

 


最後は南西側から見た様子です。かなり前に設置されたモックアップがそのまま残されています。

 

 

2020年10月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年4月だったので、約6ヶ月振りの取材です。

 

 


昨日から淀屋橋付近の超高層ビルの計画地を集中的にアップしていますが、日本生命淀屋橋ビル新築工事は既に本体工事が行われており一番進んでいます。

 

 


南東側から見た様子です。久しぶりに現地を取材しましたが、仮囲いの外から見た限りでは変化点があまり見られませんでした。

 

 

 



仮囲いのパンチングメッシュ越しに見た内部の様子です。地下躯体の構築がかなり進んでおり、工事は確実に進んでいる事が解りました。

 

 

 


最後南西側から見た様子です。タワークレーンが建って躯体が地上に姿を現す日が待ち遠しです。淀屋橋ツインンビル構想、大阪三菱ビルの建替え、そして日本生命淀屋橋ビル。あと数年後には淀屋橋駅付近では4棟の超高層ビルが林立する事になります。

1 2

13 COMMENTS

アリー my dear

ついに最高部まできましたね。

koko

元のビルにはミスドとマック、それにオムライス、カレー、丼、鉄板焼きが楽しめたけどツインゲートビルが建つまでおあずけなのだろうか・・・
淀屋橋民の胃袋が満たされるのはいつだろうか

ぽり

仮囲いのアートは
『いのちを紡ぐ、未来への懸け橋』
108Art Project 全国108の現場をアートで展開予定。
現状東京2箇所、大阪2箇所、福岡3箇所。
現在公開中は日本生命淀屋橋ビルのみ。
大小島真木さんの作品を出力した上に手書きで自身が仕上げている。
大小島真木 http://www.ohkojima.com/
108Art Project №4
https://www.108art.ne.jp/prj04

アリー my dear

南側の鉄骨建方もだいぶ進みましたね!こちらもそろそろ、タワークレーンが登場しそうです。

ぽり

募集パンフレットでは北西角が塗り潰されているのでそこが交番南西角は警備室東側は車専用車路。
2階は吹抜け+防災センターと受水槽。3階の一部に電気室。地下は建物直下のみ。サンクンガーデンと機械室。店舗は1区画(3分割可)と小さい。サンクンガーデンとピロティの腰壁は大江橋や淀屋橋の石造りの欄干をモチーフにしたものが設置し橋の石畳の貼パターンを再現。丸の内ガーデンタワーと浜松町クレアタワーとニッセイ淀屋橋イーストと東館をミックスした構成ですが、商業スペースは採算の見込みがないとして1箇所にとどまっています。代わりに南北角地に給排水接続の設備室があるので簡易な社員用カフェテリアは可能になっています。

kokode

となりの交番はどこかに移るのでしょうか?

アリー my dear

ようやくタワークレーンが登場しました。

アリー my dear

10階以上まで鉄骨建方が進んでますね!タワークレーンはまだ登場していないのに驚きです。

アリー my dear

おはようございます!
> ぽりさん
そうでしたか、いつもありがとうございますm(_ _)m
建設ニュースにも今朝記事がありました ↓
https://www.constnews.com/?p=90083

“ 大阪市中央区にホテル、事務所、店舗の複合ビルを建設/21年5月初旬に着工/ひろしま信愛不動産 ”

ぽり

南側の日本生命東館は空調設備と照明が特徴的でしたが、この新淀屋橋ビルは初期の検討時は設備メンテナンスが特徴的。最終的に採用されたのかは完成してみないと分かりませんが。 ここのような大型ビルではなく建築オタにもまだ取り上げられていませんが、ロングさんが度々tweetしていた搬送システムの本社横に大林組設計施工で日本生命の子会社ビルが新築移転していて、愛が溢れる素晴らしい建築です。
>アリーさん
西側のオリックス淀屋橋ビル新館がもと日建設計の浅井謙氏の設計ですので、新·大阪信愛ビルと同じ設計者のビルに囲われますね。今年開業した名古屋ホテル京阪(名古屋信愛ビル)も浅井氏の設計です。

アリー my dear

この記事中の画像にも写っていますが、すぐ隣で解体中の元『大阪信愛ビル』。
跡地には13階建てのホテル・事務所・店舗ビルが建設されます(建産速報) ↓
http://www.ken-san.com/article/view/12468

ひろしま信愛不動産(株)は、大阪市中央区北浜3―2―23の敷地502・68㎡にホテル・事務所・店舗(新・大阪信愛ビル)新築を計画。構造規模はS造一部RC造階地下1階地上13階建延4395・54㎡(建築面積373・27㎡)

アリー my dear

ようやく建物躯体が現れましたね、お待ちかねの!といったいった感じです。

アリー my dear

外観からはなかなか変化がないように思ってましたけど、地下躯体構築が着々と進んでいるのを見て安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です