【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)科研大阪ビルの建設状況 20.04【2021年03月竣工】


(仮称)科研大阪ビルは、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されているオフィスビルです。建築主は科研製薬、設計は山下設計、施工者は未定です。

建築主の科研製薬は、東京都文京区に本社を置く製薬会社で、1948年に財団法人「理化学研究所」を株式会社に改組して「株式会社科学研究所」として発足しました。医家向けの関節機能改善剤や動脈硬化症治療薬等を主力とし、飼料添加物や動物用医薬品、農業薬品も手がけています。2018年度の売上高は925億円、経常利益は248億円です。

(仮称)科研大阪ビルの建設状況 20.03【2021年03月竣工】



 

 


【スペック】
計画名称:(仮称)科研大阪ビル
所在地:大阪市中央区伏見町3-36ほか
階数:地上9階、地下0
高さ:37.36
構造:鉄骨造
杭・基礎 :
主用途:事務所
敷地面積:488.31 
建築面積:413.59 
延床面積:3176.24 ㎡ ※容積対象面積:2,912.85
建築主:科研製薬
設計者:山下設計
施工者:未定
着工:202005月(予定)
竣工:202103月(予定)

2020年4月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年3月だったので、約1ヶ月振りの取材です。解体工事が進み、旧ビルはすっかり姿を消していました。

 

現地に掲示されていた労働保険関係成立票によると解体工事は2019年11月1日〜2020年6月末までです。

 

 

最後は北東側から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です