【再都市化ナレッジデータベース】

「星野リゾート BEB5 土浦」合言葉は「ハマる輪泊」。自転車に乗ったままチェックイン出来るルーズなホテル


星野リゾートは“自転車を楽しむ”ホテル「星野リゾート ベブファイブ(BEB5) 土浦」を、茨城県・土浦市にオープンします。当初2020年3月19日(木)のオープンを予定していたが、延期となり、現在は一部プレオープン中です。

「ベブ(BEB)」は、「星のや」「リゾナーレ」「界」「OMO」に続く5つ目のホテルブランドです。「居酒屋以上 旅未満 仲間とルーズに過ごすホテル」をコンセプトに、いつもの仲間と「すきな時に」「すきな場所で」「すきなように」過ごすことができるホテルとして、新しい旅のスタイルを提案しています。

【出展元】
合言葉は「ハマる輪泊(りんぱく)」 「星野リゾート BEB5 土浦」
星野リゾート BEB5 土浦

 

 

 


ホテルがオープンするのは、JR土浦駅に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦(PLAYatre TSUCHIURA)」内。自転車に乗ったままチェックイン・チェックアウトができる「サイクルイン・サイクルアウト」や、自転車と一緒に歩いてもストレスのないゆとりある館内設計を取り入れています。

 

合言葉は「ハマる輪泊」


「輪泊」は「民泊」を参考にした星野リゾートで生まれた造語で、自転車と宿泊を掛け合わせた滞在を指しています。「ハマる」とは、自転車に興味がないお客様もその魅力に「ハマる」。生粋の自転車好きから、ちょっと興味がある人、ダイエット、ファッション、キッズの自転車デビューまで、あらゆる自転車ニーズに「ハマる」。それぞれの意味をもたせています。

 


BEB5 土浦がある駅ビル「プレイアトレ土浦」は、20183月に日本最大級のサイクリングリゾートとして開業、茨城県は、20186月に「いばらき自転車活用推進計画」を策定し、自転車を核とした地域活性の取り組みを推進しています。国内第2位の面積を誇る湖、霞ヶ浦を中心とした「つくば霞ヶ浦りんりんロード(https://www.ringringroad.com)」や、自転車フレンドリーな駅ビル・街づくりにあわせて、「ハマる輪泊」を合言葉に、新しいスタイルの旅の提案をして行きます。

 

 

自転車に乗ったままで「サイクルイン・サイクルアウト」

 



BEB5 土浦は自転車に乗ったままでのチェックイン・チェックアウト、名付けて「サイクルイン・サイクルアウト」が可能です。ゆとりある設計の館内は、自転車と一緒に練り歩いてもストレスがありません。また、部屋に愛車を持ち込んで、一緒に泊まれる「サイクルルーム」が用意されており、壁面のラックに自転車を飾れば、愛車もインテリアの一部になります。

 

 

24時間オープンのパブリックスペース「TAMARIBA」


時間や計画を気にせず、その時の気分でやりたいことができる「ベブ」ブランドならではの過ごし方も魅力的です。「タマリバ」で朝まで過ごしたり、プレイアトレ土浦内でオリジナルメニューの朝食を食べたり。朝寝坊しても、カフェ、ベーカリー、洋食レストラン、中華スタンドで食事をとることができます。また、チェックアウトは11時だが「ベブ」は時間に寛容なので、多少遅れても追加料金は発生しません。

 

仲間たちとルーズに楽しむ場を提供する



星野リゾート BEBは、若い世代に旅の楽しみを知ってもらう目的がある様に見える新機軸のホテルです。公式サイトを見てもとてもフランクで、形式的ば「旅」とは少し異なる「仲間たちとルーズに楽しむ場を提供する」スタンスが感じられました。


【施設詳細】
星野リゾート BEB5 土浦
開業日:一部がプレオープン中
当初2020319()のオープンを予定していたが、延期となり、未定となった。
所在地:茨城県土浦市有明町1-30
施設構成:客室、パブリックスペース「TAMARIBA(カフェ、ライブラリーを含む)、ショップ
客室数:90


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です