【再都市化ナレッジデータベース】

100クレアモントアベニュープロジェクト 大和ハウスがニューヨークで地上41階建てのタワマンを開発!

出典:Rendering of 3041 Broadway (Credit: YIMBY)

大和ハウス工業は、2020年7月15日付けのニュースリリースで、米国ニューヨーク州マンハッタンにおける地上41階建て複合型超高層分譲マンション事業 100クレアモントアベニュープロジェクト(100 Claremont Avenue Project.)の概要が決定したと発表しました。

計画では、地上41階建て、販売住戸165戸、教育施設、教職員住宅で構成された、「モーニングサイドハイツ地区」最大となる、高さ144mの複合型超高層分譲マンションを建設します。設計は、米国ニューヨークの著名な設計会社である「Robert A.M. Stern Architects(ロバート・エーエム・スターン・アーキテクツ)」が行います。

【出展元】
100クレアモントアベニュープロジェクト」概要決定

 

出典:Bryan Thomas for The New York Times

「100クレアモントアベニュープロジェクト」は、Union Theological Seminary(ユニオン神学校)のキャンパス内で開発するプロジェクトで、ニューヨーク州マンハッタン「モーニングサイドハイツ地区」の教育施設や文化施設が建ち並ぶ場所に位置しています。

間取りは、専有面積65㎡~315㎡の1ベッドルーム~4ベッドルームと、近隣の教育施設に通う在校生や卒業生をメインに、子育てを終えたシニア夫妻やファミリー層等、幅広い世代の方のご要望に応えられるよう、多彩な間取りをラインアップ。共用部には、入居者専用のパーティールームやフィットネスセンター、プール、ビジネスセンター等を設置。また、ロビーコンシェルジュのほか、24時間対応のドアマンを配置し、セキュリティに配慮しています。

 

出典:3041 Broadway. Photo by Tectonic

事業は、当社米国現地法人であるDaiwa House Texas Inc.(ダイワハウステキサス)を通じて行うもので、豪州シドニーに本社を置き世界各国で事業を展開する、Lendlease Corporation Limited(レンドリース コーポレーション)の米国現地法人であるLendlease Americas Inc.(レンドリース アメリカズ)、ニューヨーク州に本社を置く、L+M Development Partners Inc.(エルアンドエム デベロップメント パートナーズ)が参加しています。

 

<100クレアモントアベニュープロジェクト物件概要>
名  称「100クレアモントアベニュープロジェクト」
所 在 地ニューヨーク州ニューヨークモーニングハイツサイド地区
建物用途1階~3階 ロビー、アメニティ、教育施設、駐車場
4階~9階 教職員住宅
10階~40階 分譲マンション
41階    機械室等
敷地面積1,617㎡
延床面積32,888㎡
マンション販売面積19,416㎡
販売戸数・階数・構造165戸・41階建て(高さ144m)・鉄筋コンクリート造
デザイン設計 / 構造設計Robert A.M. Stern Architects / SLCE Architects
(ロバート エーエム スターン アーキテクツ/エスエルシーイー アーキテクツ )
施工Lendlease Construction (レンドリース コンストラクション)
着工2020年7月6日
販売開始予定2021年8月
竣工予定2023年3月
一戸あたりの居住面積65㎡~315㎡
間 取 り1ベッドルーム 53戸、2ベッドルーム 75戸、
3ベッドルーム 34戸、4ベッドルーム 3戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です