【再都市化ナレッジデータベース】

「シアテル札幌すすきの」はF-45ビルの1フロアをスマートカプセルにコンバージョンして宿泊×エンタメを提案!


SQUEEZEは2020年7月10日に、北海道初出店となる次世代型宿泊施設「Theatel Sapporo-Susukino(シアテル札幌すすきの)を、札幌市営地下鉄「すすきの」駅から徒歩約 3 分にオープンしました。札幌すすきのでよく知られている飲食店ビル「F45」の 1フロアをスマートカプセルホテルにコンバージョンしたもので、最大の特徴はフロア中央に縦 3m 横 8m の大画面スクリーンを備えるラウンジ(ホワイエ)を配し、劇場型の宿泊体験を提供するこです。

【出展元】
シアテル札幌すすきの

 

客室は高さ約 2m のカプセルルーム(1 名定員・2 名定員)を36 室、プロジェクター完備のプライベートルーム(4名定員・7 名定員)を 5 室用意。ミニキッチンも備える。ホワイエは 1 時間からレンタルスペースとして貸し切りでき、スポーツ観戦や映画鑑賞、企業研修やヨガ教室、スポーツチーム合宿などさまざまな用途で活用可能としています。

 

 

 

天井高(4m)を活かし、印象的なデザインを施したロフト仕様の「やぐら」は、滞在中のお客さんやイベント参加の方にフリースペースとして開放されます。

 

ミニキッチンには流し台、電子レンジ(2台)、電気ケトル、カトラリーなど必要な備品が揃っています。

 

 

 

高さ約2mのカプセルルームを36室、プロジェクター完備のプライベートルームを5室配置しています。

 

 

【シアテル札幌すすきの 概要】
所在地:札幌市中央区南 4 条西 5 丁目 8
アクセス: 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩約3分、地下鉄南北線・東西線・東豊線大通駅から徒歩約10
客室数: 41
客室タイプ: カプセルルーム(12名)、プライベートルーム(47名)
最大収容人数: 67

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です