【再都市化ナレッジデータベース】

JR西日本ーきのくに線(紀伊田辺駅~新宮駅間)に227系を導入しICOCAエリアが和歌山県全域に拡大!【2021年春】



JR西日本は2020年8月27日付けのニュースリリースで、2021年春にきのくに線(紀伊田辺駅~新宮駅間)に新型車両を導入し和歌山県全域へのICOCAエリアを拡大すると発表しました!導入される新型車両は和歌山線などに導入された227系電車1000番台で、同区間の普通列車は227系車両(2両編成)に統一されます。また、同車両には車載型IC改札機を搭載されており、ICOCAエリアがきのくに線の紀伊田辺駅~新宮駅間まで拡大します。

【出展元】
2021年春、きのくに線(紀伊田辺駅~新宮駅間)への新型車両導入和歌山県全域へのICOCAエリア拡大

 

 



 

紀伊田辺~新宮間に導入される227系は車載型IC改札機を搭載しており、2021年春から使用開始する予定です。これにより、「ICOCA」エリアが和歌山県全域に拡大され、紀伊田辺~新宮間の途中駅21駅で新たに「ICOCA」「ICOCA定期券」が利用可能になります。

 

 

 

 

 


227系電車1000番台の車載ICカードリーダーです。ICOCA のほか、全国相互利用対象の IC カード乗車券(KitacaPASMOSuicamanaca(マナカ)・ TOICAPiTaPa・はやかけん・nimocaSUGOCA)が利用できます。

 

 


227系は安全性と快適性をさらに高めた新型車両として、近畿エリアにおいて和歌山線・万葉まほろば線(桜井線)やきのくに線(紀勢本線)御坊~紀伊田辺間などに導入されています。車内はオールロングシートで、インテリアデザインは環状線に投入された323系や、207系リニューアル車と同じテイストでまとめられています。

 

JR西日本227系電車1000番台(外観編)



JR西日本227系電車1000番台(車内編)

1 COMMENT

アリー my dear

和歌山県内のICOCA普及完了とともに、227系追加投入で残った国鉄型車両の淘汰も同時に完了するのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です