MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

「エキマルシェ大阪」が開業以来初の大規模リニューアルを実施。1期は21年秋頃 、2期は22年秋頃に開業予定



JR西日本は2020年12月10日付けのニュースリリースで、JR大阪駅桜橋口すぐの駅ナカ商業施設「エキマルシェ大阪」を開業以来初となる大規模リニューアルを実施すると発表しました。リニューアルは2期に分けて行われ、第1期が2021年秋頃にオープン、第2期が2022年秋頃にオープンする予定です。

【出展元】
「エキマルシェ大阪」 開業以来初の大規模リニューアル!

 

 


エキマルシェ大阪施設は、2012 10 31日に開業した店舗数 64 店舗の大規模な駅ナカ商業施設で延床面積 約 7,200 ㎡、店舗面積 4,500 ㎡の規模です。リニューアルは、現在のエキマルシェ大阪のコンセプトである「大人のみちくさ」を踏襲しつつ、より日常的に何度でも利用できる商業施設を目指します。

具体的には、大阪駅を日常的に利用するお客さまに、もっと便利で快適なお買い物体験を提供すべく「食品」や「飲食」をより充実させ、さらに小型スーパーやグロッサリ ーショップ、コンビニエンスストアを導入し、日々のご利用に便利な施設とします。駅の特性を考慮し、短時間・スピーディーに満足のいくお買い物ができる、わかりやすい売場づくりを行います。詳細は、2021 年夏頃に改めてプレスリリースされます。

 

 



リニューアルに伴い、ファッションのアルビ(ALBi)が2021年2月28日の営業をもって閉館、また、2021年3月31日の営業をもって、その他一部エリアが閉鎖されます。再オープンは第Ⅰ期リニューアル開業が2021 年秋頃、 第Ⅱ期リニューアル開業が2022 年秋頃の予定です。

JR西日本では旧大阪中央郵便局跡の再開発や大阪駅西側高架下への新改札口の設置、うめきた2期地区に大阪駅地下ホームを設置、ウエストゲートビルの建設など、大阪駅周辺を同社の金城湯池として磨き上げる再開発を進めています。今回の「エキマルシェ大阪」のリニューアルは、一連の再開発に呼応する動きだと思われます。

閉館・閉鎖日
ファッションのアルビ(ALBi)‥2021年 2月 28日(日)の営業をもって閉館
上記以外の一部エリア‥2021年 3月 31日(水)の営業をもって閉鎖

 

リニューアル開業時期について
・第Ⅰ期リニューアル開業 2021 年秋頃
・第Ⅱ期リニューアル開業 2022 年秋頃
※詳細は、2021 年夏頃に改めてプレスリリース
※それぞれの開業時期以外にもリニューアル開業する店舗あり

1 COMMENT

アリー my dear

エキマルシェ大阪大規模リニューアル、大阪駅西地区再開発と連動した動きですね。
ますますブラッシュアップされて進化してゆくのがうれしいです(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です