MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

新エリア「エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ)」2021年3月16日(火)オープン決定!出店店舗リストも公開!



JR新大阪駅3階 在来線改札内の商業施設「エキマルシェ新大阪」の新エリアが2021年3月16日(火)にオープンします!新エリア「エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ)」は3階東改札外の東西自由通路沿いに位置しており食物販及び飲食を中心とした11店舗で構成されています。

いつもより”ちょっとオシャレ”で“ちょっとかっこ良く”“ちょっと贅沢”なひとときを。新大阪駅を日常的に利用する通勤・通学客が利用しやすいお弁当やベーカリー、スイーツ等の物販店舗や、出張客など1人の利用者が気軽に立ち寄れる『駅ナカフードコート』「エキマルキッチン」が誕生。2015年に開業した改札内の「エキマルシェ新大阪」の37店舗と合わせ、「エキマルシェ新大阪」、「エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ)」で計48店舗の規模に拡大します。また、開業記念キャンペーンとしてエキマルシェ新大阪で使えるクーポンブック(なくなり次第終了)が配布されます。

【出展元】
→2021年3月中旬、JR新大阪駅 東改札外に「エキマルシェ新大阪」の 新エリア「エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ)」がオープン!
2021年3月16日(火)、JR新大阪駅 東改札外に「エキマルシェ新大阪」の新エリア「エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ)」がオープン!

エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ)の場所はこちらです。JR新大阪駅3階 在来線東改札外に食物販及び飲食を中心とした11店 舗で構成される新エリアが誕生。2015年に開業した改札内の「エキマルシェ新大阪」の37店舗と合わせ、「エキマルシェ新大阪」、「エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ)」 で計48店舗となります。


施設名称 :エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ)
開業時期 :2021年3月中旬
場 所 :大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1(JR新大阪駅3階 東改札外)
営業時間 :6:30~23:30 ※店舗により異なる
店舗数 :11店舗(食物販4店舗、飲食5店舗、雑貨1店舗、コンビニ1店舗)、銀行ATM
※セブン-イレブン ハートインは2020年7月28日に先行開業済み
延床面積 :約1,100㎡ (改札内と合わせて約4,500㎡)
店舗面積 :約900㎡ (改札内と合わせて約2,700㎡)


エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ) 店舗数は11店舗(食物販4店舗、飲食5店舗、雑貨1店舗、コンビニ1店舗)+ 銀行ATM。駅を日常的に利用する通勤・通学客が利用しやすい弁当、ベーカリー、スイーツ等の物販店舗や、スピーティに食事を済ませたい出張サラリーマンが気軽に立ち寄れるフード コートが設けられます。

 

 

 

ショップリスト

 

個人的に嬉しいのは新大阪エリア初で駅ナカでは珍しい『フレッシュネスバーガー』が出店する事です。使いやすい所にあるのでかなり人気が出そうですね。話題をよびそうなのが象印マホービンの新業態『象印銀白弁当』。同社初となるお弁当屋さんで、高級炊飯ジャー「炎舞炊き」で炊き上げる「ごはんが主役のお弁当」などが楽しめます。その他、ベーカリー『ル・プチメック』、タルト専門店『○△□(マルサンカクシカク)』、551などツボを押さえた店舗ラインナップとなっています。

 

 

 

A:セブン-イレブン ハートイン[コンビニ] 
2020年7月28日先行開業済み。ド定番ですが、あると便利なコンビニです。



 

B:フレッシュネスバーガー[ハンバーガー・カフェ]
駅ナカでは珍しくフレッシュネスバーガーが出店します。「おいしくてカラダにいいものをていねいに手づくりする」というこだわりのもと、国産新鮮生野菜や肉本来の旨みが詰まったジューシーな食感のパティなどを使ったハンバーガーを提供。出張や観光の合間にホッと一息つくのにオススメです。

 

C:からふね屋珈琲店 [カフェ]
京都発祥の「からふね屋珈琲店」。1972年創業以来の看板商品「名物ダッチアイスコーヒー」をはじめ、喫茶店の定番「カレー」や「スパゲティ」をお手頃価格でご用意



 

D:ビフテキ重・肉飯 ロマン亭[肉丼]
大阪で肉卸を営む老舗問屋がプロの目で見極め選び抜いた牛肉を、しっかり旨味を閉じ込めながら焼き上げ、秘伝のタレが絡むふっくらご飯に盛り付ける。自慢のビフテキ重は、至上の「口福」をもたらしてくれる、懐かしくも優しい味わいです。



 

E:麺つるり [氷見うどん](新業態)
海と山の恵みゆたかな富山県・氷見で生まれた伝統の技「氷見うどん」。餅のような粘りと風味、独特のコシの強さ、のどごしの良さと歯ごたえが特徴です。独自のブレンドだしを使用したあご風味豊かなこだわりのつゆが食欲をそそります。



 

 

F:寿司 魚がし日本一[寿司](JR西日本駅ナカ初 新大阪エリア初)
握りたての江戸前寿司を気軽に好きなネタを好きなだけ食べてほしいという想いから、200年前の「寿司屋台」をコンセプトに運営。注文を受けてからカウンター越しに板前が握る、鮮度の良いネタと温かいシャリが多忙なビジネスマンの食をサポートする元祖立喰い寿司。



 

 

G:551蓬莱[豚まん]
言わずとしれた人気店。創業当時から1つ1つ手包みの大阪名物「豚まん」。もっちり生地の中にはジューシーな豚肉と玉ねぎの餡がぎゅっと詰まっています。



 

 

H:象印銀白弁当(ゾウジルシギンパクベントウ)[弁当](新業態)
「おいしいごはんをもっと手軽に食べていただきたい。そして、日本の文化を守っていく。」という想いのもと誕生した、象印マホービン初のお弁当専門店です。高級炊飯ジャー「炎舞炊き」で炊き上げる「ごはんが主役のお弁当」などが楽しめます。



 

 

I:ル・プチメック[ベーカリー](駅ナカ初 新大阪エリア初)
京都発祥の本格フレンチスタイルのブーランジェリーとして、今出川に第一号店をオープン。フランス愛に満ちた熟練ブーランジェにより、一つ一つ丁寧に時間をかけて作られたパンは、訪れたフランス人ブーランジェやシェフから「日本で最もフランスらしい」と評価されるほど。



 

 

 

J:○△□(マルサンカクシカク)[タルト](駅ナカ初 新大阪エリア初)
こだわりの商品が並ぶタルト専門店。お皿やフォークを使わずに食べられるよう、高さを低く仕上げています。単品タルトやチョイスを楽しめるホールタルト、新大阪限定のキューブパウンドケーキなど、どれもお土産やパーティにピッタリな一品です。



 

 

K:エピソード[コスメ・雑貨]
話題のコスメからビューティ雑貨、メンズコスメまで幅広くセレクトしたコスメショップ。
自分磨きをお手伝いするビューティーアイテムをお届け


2021年3月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年1月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 


3月16日のオープンを控え、店舗のファザードは完成状態になりました。

 

 

 


仮囲いが無くなりかなり広々とした印象になりました。木目調の床面も良い感じです。

 

 

 

 


エキマルキッチンのエントランス付近の様子です。中々凝ったデザインに仕上がっていますね。

 

 

 

 


3月16日のオープンを告げる告知ポスター。イラストをじっくり見ると現地の特徴がしっかりと描かれてる事に気づき感心しました。

 

 

 


新施設をPRするのがこの柱。モニタ2面を縦設置したキャッチーなデジタルサイサイネージが目を引きます。

 

 

 


さらに『エキ』をシンプルに図案化したロゴマークが行き交う人々の注目を集めます。

 

 

 

 


在来線改札口の真正面に設置された案内サイン。真っ赤なサインは御堂筋線を案内しています。

 

 

 

 

 


いよいよオープンが迫ってきたエキマルシェ新大阪Sotoe。サクラダファミリアの様に常に何処でリニューアル工事が行われてきたJR新大阪駅ですが、今回の改装で一段落といった感じになりそうです。

 

 

 

2021年1月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年12月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

御堂筋線側から在来線改札方面を見通した様子です。

 

 

 

仮囲いが撤去され随分と広々した印象を受けました!

 

 


このあたりはフードコートの入り口でしょうか?

 

 


エキマルシェ新大阪Sotoeのファザードは木目を基本とした若干和風ナチュラルテイストが入ったデザインとなります。

 

 


エキマルシェ新大阪Sotoeのロゴマークが付きました!

 

 

 


床面も木目調となっています。ホームにもこの木目調の床材を使って欲しい・・。

 

 

 


自動券売機前付近の様子です。

 

 

 


一足先に先にオープンしたセブンイレブンの様子です。

 

 

 


タッチパネル式の案内板が設置されました。

 

 


3月のオープンに向けて工事が進むエキマルシェ新大阪Sotoe。オープン後はさらに新大阪駅が垢抜けた感じになりそうですね!

 

 

2020年12月の様子

現地の様子です。今回は新幹線の南口から東に向かって歩いて行きます。こちらはパン屋やさん「神戸屋」前から見た様子です。リニューアルの対象エリアはかなり広いです。

ズンズン進んで行きます。写真の右側の仮囲いの中で工事が行われています。発表されたプレスリリースを見ると「フードコート」が設けられる様です。

きっぷ売り場付近までやってきました。このあたりは仮囲いが撤去され、リニューアル部分が姿を現しています。

東口改札前の様子です。一足先にセブンイレブンがオープンしていました。リニューアル後はこんな感じになるんですね。

エキマルシェ新大阪Sotoe(ソトエ)。現在のところ具体的なテナント名などは不明ですが、詳しい開業日時、出店店舗等詳細は2021年2月下旬頃に改めて発表する、との事です。

2 COMMENTS

1Fにあるユニクロが1/11に一時休業して、2021年春にリニューアルオープンとのことなので、こちらに移動してきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です