【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

近鉄が「路線カラー」と同じ差し色が入った新型ベンチの導入を開始!



近鉄は路線記号と路線カラーを採用しています。奈良線は路線記号は「A」、路線カラーは「赤」。京都線はB、路線カラーは黄といった具合です。この路線記号と路線カラーは駅名票や案内サイン、路線図では目にするのですが、意外な所に「路線カラー」を発見しました。

 

 

 

 


それは、新型の待合ベンチです!こちらは上本町駅地下ホームのベンチですが、差し色が、奈良線の「赤」になっています。

 

 

 


続いては京都線の京都駅。路線カラーは「黄」です。

 

 

 

 


設置されたベンチの差し色は、同じく「黄色」です。

 

 

 


最後は大阪線。路線カラーは「水色」。
※五位堂駅は新型ベンチは未設置です。駅名票の例として写真を掲載しました。

 

 

 

 


こちらは上本町駅に設置されたベンチですが、差し色は「水色」でした!近鉄の新型ベンチの差し色がラインカラーになっている事に、何人が気づいているかは疑問ですが(笑)取り組みとしてはオモシロイと思いました。

3 Comments

通りすがりK

「難波や上本町で十分通じる」というのは、地元ありきの意見です。

三重や愛知で見た列車の行き先に「大阪」と入っていれば、初めて関西・東海を訪れた人でも「とりあえず大阪には行くんだ」と分かります。
たとえば「大阪鶴橋」「大阪日本橋」になっていないのは、列車の行き先に無いからでしょう。
阪神等が「神戸三宮」に変えたことでも、奈良で快速急行の行き先を見た時に分かりやすいですよね。

匿名

大阪上本町とか、大阪難波とか、駅名に“大阪”をつけるのをやめてほしい。

“上本町”“難波”で十分通じる。

アリー my dear

ほおー、これは知らなかったです(°▽°) 私も近鉄ユーザーですが初めて知りました(*´-`)
次に乗るときに、意識してちょっと探して見てみます(^。^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。