【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

叡山電鉄700系車両「リニューアル4両目」は、人と森が調和する沿線の景色がテーマ。2022年12月10日から運行開始


叡山電鉄は、2022年10月28日付けのニュースリリースで、同社のデオ710形のうち712号車をリニューアルし、12月10日から運行を開始すると発表しました!主に1両編成で運用している700系車両は、同社で初めて冷房装置を搭載した車両ですが、1987年7月の運用開始から30年以上が経過したため、2018年から順次リニューアルを行っており、712号車は4両目となります。

【出展元】
700 系リニューアル車両 712 号車の運行を 2022 年 12 月 10 日(土)から開始します 

 

外装:人と森が調和する沿線の景色

 


712号車の外装デザインは、人と森が調和する沿線の景色をテーマとし「緑」を基調とし ています。

 

 

内装:幽寂閑雅(ゆうじゃくかんが)な杉の景色


内装は、幾重にも続く幽寂閑雅(ゆうじゃくかんが)な杉の景色を座席に表現しています。

 


京都らしさの演出として、キモノ地を硝子に封入する「京友禅硝子」の技術と、川島織物セルコンのインテリアファブリックを融合した、座席仕切りを採用しています。ファブリックは、同社のトップブランド『Sumiko Honda』のファブリックで、桜 やツツジ、蝶のデザインをあしらいました。

 

 

712号車リニューアル記念乗車券」


運行開始に先駆け、123日と126日に撮影会・貸切運行を実施。価格は6000円で、Webサイト「e-kenetマーケット」にて販売されます。また1210日~2023331日には、硬券乗車券2枚をセットにした「712号車リニューアル記念乗車券」を出町柳駅で販売します。(500セット限定・500円。上記撮影会では参加特典としてプレゼント)

 

叡山電車の「ひえい」がグッドデザイン賞2018を受賞。実車は見る程に斬新で魅力的な車両だった!(車内編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。