MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

郵船クルーズが日本最大級の豪華客船(51,950トン)の製造発表!2025年完成目指す



海運業大手の日本郵船は2021年3月31日付けのニュースリリースで、2025年の完成を目指して、日本最大級のクルーズ船を新造する事を決定し、ドイツの造船会社マイヤー ベルフト(MEYER WERFT)と新客船(51,950トン)の造船契約を締結したと発表しました!

新造船は、環境負荷軽減などのため3種類の燃料に対応するエンジンを中型客船で初めて搭載。最新の感染症対策設備を備えるほか、乗客1人当たりのスペースは世界でもトップクラスの広さを確保、これまで同社が培ってきた和のおもてなしに最新のテクノロジーを加えた「飛鳥ラグジュアリー」を幅広い年齢層に提供。クルーズ本来の持つ優雅さと今の時代にあわせた自由度の高い旅を進化させ、より多くの人々にクルーズを体験いただける機会を創造して行くとの事です。

【出展元】
新客船建造を決定 2025年デビュー

 



日本郵船グループは、日本最大のクルーズ船「飛鳥2」を保有しています。新造船の全長は228.9mで、「飛鳥2」より短くなりますが、環境に配慮した新たなエンジンを搭載することから、総重量では日本のクルーズ船で最大となる予定です。

 

 



新造客船は、今後船内のデザインや仕様を確定させ、2023年にマイヤー ベルフトのドックで建造を開始、2025年に引き渡しを受ける予定です。この日本船籍最大(発表時)のクルーズ船では、乗組員数をほぼ維持したまま、乗客定員を「飛鳥Ⅱ」の85%程度に絞ることで、よりお客様に寄り添ったサービスをご提供し、快適な船内空間を実現します。また、全ての客室にバルコニーを配し、飛鳥Ⅱでも人気の施設である展望露天風呂を設置するなど、ゆったりと流れる至福の時が楽しめます。

 

 



境負荷低減は新造船の基本コンセプトの1つで、LNG燃料(液化天然ガス)に対応することが大きな特徴です。また寄港する各港湾事情に対応し多彩な航路を実現するため、LNG燃料(液化天然ガス)に加えて低硫黄燃料、ガスオイル燃料の計3種類の燃料に対応したデュアル・フューエル・エンジンを搭載します。これは中型客船(5~10万トン)では初となります。

また停泊する港によっては陸上電源の供給を受けるほか、投錨なしで船の位置の制御を可能にするD.P.S(ダイナミック・ポジショニング・システム)を採用し、海底植物等の損傷の最小化に努めます。いずれも日本のクルーズ船では初で、最新鋭設備を搭載した革新的なエコクルーズ船を目指します。感染症対策としては、100%外気取り込み方式の換気システムを装備、高性能フィルターやイオン殺菌装置、タッチレス対応エレベーター等の設置を予定しています。

1 COMMENT

アリー my dear

この船で世界一周・・憧れますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です