MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

北海道新幹線札幌延伸に向け、JR札幌駅の新幹線高架橋工事に2022年度着手!



JR北海道は2021年9月15日付けのニュースで、北海道新幹線札幌延伸に伴う新幹線高架橋工事に2022年度から着手することを発表し、工事に伴う2022年度までの施設変更概要を発表しました。


札幌駅では、すでに駅構内の改修工事(支障移転工事)の施工を進めていますが、2022年度から、札幌駅および起終点方の在来線高架橋の南側に 新幹線構造物を構築する工事(新幹線高架橋工事)に着手します。

【出展元】
→JR北海道>北海道新幹線札幌延伸に向けた工事について

 

 

 



札幌駅では、現在11番線ホーム新設工事が進められていますが、これは駅の南側に新幹線高架橋を構築する空間を生み出すために廃止する1番線の代替として工事が行われています。今後、11番ホームの下に改札内コンコースの増設工事を行うため、2021年 10月か ら、北側連絡通路が利用できなくなります。

 

 

 

駅の北側に新11番線を構築し玉突きで新幹線のスペースを確保



また 2022年 10月頃には11 番線の使用を開始し、1 番線が廃止となり、着発線ホームが大きく変更になります。なお、1番線あとに新幹線高架橋を構築する工事に着手するた め、2番線ホームについては、ホーム・階段の幅員の縮小、エスカレーター改修などを計画しているほか、南側連絡通路も閉鎖する予定です。

 

 



そして、この玉突き工事で捻出される新幹線のスペースはあくまで高架橋でホームはありません。新幹線ホームは現在の駅の東側、上の図の東案(その2)の位置に設置されます。

 

 



 

西 5 丁目エリア~東 1 丁目エリアにおいて延長約 800m の新幹線駅舎および新幹線高架橋工事を施工します。新幹線駅舎ができる西 1 丁目エリアを皮切りに、2022 年夏から段階的に高架橋工事に着手する予定です。在来線の南側に新しく高架橋を構築することから、在来線高架橋南側の道路に影響が出るほか、サツエキ Bridge など高架下施設も一部を除き支障する見込みとなっています。

 

 

駅構内・パセオにも影響

 



札幌駅のパセオは、2022年10月からの休館。耐震補強工事のためにパセオ主要設備の撤去が必要となるため、休業期間は3~6年程度を予定しています。パセオ休館後は南側連絡通路が閉鎖されるほか、東西コンコース内の一部昇降設備、パセオ店内の通路が使用できなくなります。1階の東西をつなぐ通路、地下1階の南北をつなぐ通路は仮設通路を整備して動線を確保する計画です。

 

 

北海道新幹線の札幌駅ホームは現駅の東案(その2)で正式決定。ホーム位置は北5西1街区の再開発との連携を視野に入れる



北海道新幹線の青函トンネル内で年末年始の一部時間帯に『初めての時速210kmの営業運転』を実施!



 

 

2021年7月の様子


現地の様子です。こちらの写真は北口広場から駅高架を見た様子です。新ホームの建設工事が始まっていました。

 


近くで見た様子です。天下の札幌駅でホームを増設する工事が行われている事に驚きました。本当に新幹線が繋がるんだ!という実感が湧いてきました。

 

 


ハイアングルで見た内部の様子です。増設規模は1面1線ですが、ここを起点に壮大な玉突き改造が行われます。

 

 


駅の通路も工事現場の中の様な雰囲気でした。

 

 

 


最後は新幹線ホームが設置される駅東側の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です