【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

W大阪(W Osaka ダブリューオオサカ)宿泊記 Part1〜外観・ロビー・ラウンジ・フィットネス・プール編



『W Osaka(ダブリューオオサカ)』は、世界最大のホテルチェーン、米マリオット・インターナショナルが展開するラグジュアリーブランドの一つで、2021年3月16日にオープンしました。同ブランドとして日本初進出です。

これまでのラグジュアリーホテルとは一線を画する、エッジの効いたスタイリッシュなデザインや遊び心とエネルギーに満ちた空間構成を特徴としており、全く新しい高級ホテルのカタチを示したホテルとして幅広いジャンルの著名人から注目を集めており、今までにない新たなラグジュアリー体験を提供しています。

 

大阪商人を体現するミニマルな外観と華やかな内装



W大阪は、大阪のメインストリートである御堂筋沿い、日本屈指のハイブランド街「心斎橋」の北側に位置しており、ショッピング、ダイニング、エンターテインメントに徒歩圏内でアクセス可能な立地です。

『W』のデザインは、大阪出身の世界的建築家、安藤忠雄氏がデザインを手掛けました。かつて江戸幕府の方針で、大阪商人は『過度な贅沢』が禁止されてたものの、表向きは控えめで物静かな装い、内々では豪華さを極めた粋な遊びを楽しんだ、と言われています。

黒一色のブラックボックスのようなスタイリッシュな建物は、『W Osaka』は当時の大阪商人の遊び心をデザインに反映したものです。

 

外観:表向きは控えめで物静かな装い



ホテルの外観は、巨大な鉱石による研ぎ澄まされた結晶体をイメージ。黒を基調にした一枚岩のようなシンプルでスタイリッシュなデザインを採用し、都会の喧騒の中でも存在感を放っています。

 

 


御堂筋側のメインエントランス付近の様子です。

 

 


エントランス付近に置かれた猫のオブジェ。作者は何を訴えかけているのでしょうか・・。

 

 


こちらは西側エントランス付近の様子です。西側にはクルマ寄せがあり、高級車がズラリと並んでいます。

 

 


それでは中に入ってみましょう!

 

内々では豪華さを極める!



おお!幻想的な光のトンネルがっ!シンプルな外観に対比して、内部は色鮮やかネオン装飾を模したゴージャスな空間が広がっていました。光のトンネルは、まるで異世界に吸い込まれて行く様な感じで、一気に非日常空間に誘う誘導路。

 

 



トンネルの奥から御堂筋を見た様子です。出口に見える街路樹の「グリーン」が現実世界、ホテル内部は異世界・・といった感じです。

ちなみに、このLEDで覆われた切子面のトンネルは、『アライバルトンネル』と呼ばれており、日本の折り紙や切り紙をモチーフにしており、季節によって色味が変化します。

 

1階ロビー


光のトンネルの先には少し薄暗い、アーティスティックなロビーがありました。
異世界から飛ばされた冒険者が気がついた時に見た光景・・?

いえいえ。本番はエレベーターで向かう3階からです。

 

デザイン性に振り切ったロビーフロア


チェックインカウンターがある3階:ロビーフロアに到着しました!!

もう、何と言って良いか解らない・・。前衛的でスタイリッシュなデザインが溢れる空間は、これまでの伝統的な高級ホテルの対局を成すもので、本当に驚きました。

 

 


エレベーター前にあるベンチの様子です。「目玉おやじ」の様な丸い椅子はが凄すぎる・・

 

 


ロビーの一角にはパチンコ玉に囲まれた様な一角がありました。これは映えそうです。少し前に黒豆に人が映り込んで特定される・・というニュースがありましたが、ここはそれどころでは無いですね(笑)

 

 


ロビーフロアには、コンシェルジュデスク「Whatever/Wheneverがあります。「Wホテル」を象徴する、いつでもどんなことでもゲストの要望にも応えてくれる相談窓口です。

 

 


壁面に飾られた、可愛い「こけし」は、W Osakaの国際色豊かな多様性を表しています。

 

 


ロビー会のトイレ前の様子です。案内サインがメチャクチャおしゃれですね!

 

「LIVING ROOM」はW大阪の“コア”となる場所



ホテルのソーシャルハブである「LIVING ROOM(リビングルーム)」。鮮やかな色彩と目を見張るようなデザインは大阪・道頓堀の賑やかなネオンからインスピレーションを得たモノです。

 



「LIVING ROOM」は、多くの人々が行き交い、新しいカルチャーが生まれるソーシャルハブとして位置付けられた、W大阪の“コア(心臓部)”となる場所です。

軽食、アフタヌーンティー、カクテルタイムなどあらゆるシーンで利用可能です。日中はアフタヌーンティーを楽しむ若い女性グループで溢れかえっていました。

 

 


バーカウンターの様子です。提灯や日本酒の一升瓶をモチーフにした装飾が凄すぎる・・

 

 



「LIVING ROOM」はその優れたデザインが高い評価を得ており、レストランやバーなどの飲食スペースを対象とした国際的に権威のあるデザイン賞「Restaurant & Bar Design Awards 2022」で Asia-Hotel部門賞を受賞しました!

Restaurant & Bar Design Awardsは、今年で14年目を迎え、世界で最もクリエイティブな空間を、地域やカテゴリーごとに評価、選出しています。

 

 


クリエイティブな音楽を生み出すDJブース。漫才文化から着想を得たステージ。エネルギッシュな大阪の街の魅力が散りばめられています。コテコテ感を再定義するほどのスタイリッシュさに脱帽です。

 

LIVING ROOM フォトギャラリー



 

シークレットのVIP ROOM


リビングルーム奥にあるVIP ROOM。曲線と紅白カラーがいきる空間は、日の丸をイメージしています。

 



VIP ROOM専用のミニバーカウンターや、好きな言葉やメッセージが流せるサイネージを備えており、貸し切りパーティやイベントも可能です。

 

フィットネス施設



続いては、W大阪のフィットネス施設を見て行きましょう!

施設コンセプトは、“DETOX. RETOX. REPEAT”。ワークアウトでデトックスし、おいしい料理や飲みものでリトックス(パワーチャージ)し、それをリピート(繰り返す)ことで心身の健康を保つという考え方です。

 


AWAY SPA(アウェイ スパ)の受付カウンターです。

 

 


フィットネスジム前の廊下の様子です。

フィットネスジム



こちらがフィットネスジムの様子です。大阪の街をイメージしたネオンライトをデザインに取り入れた、ウイットに富んだ雰囲気の中、最新のトレーニング機器やヨガスタジオなどが体験可能です。

 


とにかくデザインが楽しくで上がってくるジムでした!

 

プールと一体化した「WET BAR(ウェットバー)」



ジムのある4階には、オープンエアのデッキエリアも備えた大型のバーWET BAR(ウェットバー)」(季節営業)があります。ネオンライトが輝くフューチャリスティックな全長20mの屋内プールとバス、サウナが一体化しており、食べて、飲んで、ワークアウトして、泳いで……そんな贅沢で充実したひとときを過ごすことができます。

 

 


御堂筋沿いの超高層ホテルにこんな場所があるとは驚きです!!!

 

 


WET BAR(ウェットバー)のカウンターの様子です。自分史上、過去一オシャレなバーカウンターだと思います。

 


イベント時にはプールで泳いだ後に水着のままでバーカウンターを利用する事が出来るそうです。

取材時は、プールに入っているとイベントが始まり、DJが音楽を流し始め、シャボン玉がぶわーっ!と吹き出し始めパーティーがはじまりました・・・。どんだけパリピーやねん!

 

 


いろいろ圧倒されまくりです。

ネオン輝くプール


Wのプールの様子です。コースプールではない水浴び的な20mプールで、あくまで雰囲気や映えを楽しむ感じです。

 

 


取材時には、宿泊者以外でも利用可能な「プール・バー利用プラン」が設定されており、若いおねーちゃん達が沢山いました。終始スマホ片手に自撮りしまくっていて、正直あまり寛ぐ事ができませんでした・・・。W大阪では日常茶飯事なので気にしませんが、夏場はオッサンには超アウェイである事は間違いなさそうです(笑)

 

W大阪宿泊記Part1、いかがだったでしょうか?僕は、伝統的な高級ホテルとは全く異なった、振り切れたデザインに圧倒されまくりました。客室も凄かったです。

⇒次回・客室編に続く・・・!

2 COMMENTS

よっさんdsnmb

写真からも振り切った、しかし破綻はしていない凄みが感じられました。
それと私は今、1970年代に流行ったものに注目しているんですが、なんとなく全体的に1970年代みたいな感じがあるんですよね。それを現代のエッセンスと技術で洗練させているように思います。まあ私はパリピとは程遠いので宿泊するにはチト勇気がいるかな^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。