【再都市化ナレッジデータベース】

都リゾート志摩ベイサイドテラス宿泊記(パティオ編)

都リゾート 志摩 ベイサイドテラス(旧:海辺ホテル プライムリゾート賢島)三重県志摩市阿児町鵜方にある近鉄グループの都ホテルズ&リゾーツに加盟するホテルで、リアス式の美しいあご湾に佇むスペイン建築のリゾートホテルです。志摩スペイン村など近鉄グループの伊勢志摩開発に連動して建設され1992年7月に開業しました。

 

 

 

特集2回目の今回はパティオ編。宿泊した「オーシャンウィング」のパティオ周辺をご紹介して行きます。上の写真はオーシャンウィングの2階の廊下の様子です。一見吹きさらしの外廊下に見えますが、巨大なガラス窓がはめ込まれたインドア空間です。

 

 

 

パティオを見通した様子です水景施設の真ん中にガラスの廊下があります。

 

 

 

反対側空見た様子です。ちょっと現実離れした光景でした。

 

 

 

全体的にホンモノ感が凄く「○○風」の建物に見られるハリボテ感が皆無でした。凄いです。

 

 

 

朝食会場に続く廊下の様子です。

 

 

 

朝食メニューはこんな感じです。メインにプラスして、前菜+パン+ドリンクが飲み放題といった内容です。

 

 

 

写真はありませんが、トーストやクロワッサン、用意されているバター、はちみつなど、どれもコレもメチャクチャ美味しくてビックリしました。色々なホテルに宿泊していますが、ここの朝食、特にバターやジャムがホンマに美味しくで感動的でした。ホテルの口コミをみると辛口の評価が並んでいたので正直期待していませんでしたが、完全に良い意味で裏切られました。

 

 

 

 

メインの様子です。僕の写真ではおいしさが伝わらない。フード写真って難しいですね・・。
それ以前に写真ってどうやって撮ったら良いのか、未だにさっぱりわかりません・・(笑)

 

撮影ポイントを変えて・・・。こちらはオーシャンウィングの3階にあるカフェコーナーです。サイトなどでは公開されていませんが、3階宿泊者はカフェコーナーのドリップマシンで入れ立てのコーヒーが好きなだけ楽しめます。

 

ドリップマシンはこんな感じ。銘柄はUCCのシティーロースト。

 

 

 

これが、メチャ旨でした。レストランのコーヒーよりも、このドリップコーヒーが美味しくて何度も何度もコーヒーを入れに行きました。

 

 

 


最後は夜のパティオの様子です。次回はいよいよ客室編です。

1 COMMENT

アリー my dear

海外のリゾートホテルそのものの佇まい、一度宿泊してみたいものです(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です