【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

大阪市が『なんば駅周辺における空間再編推進事業 整備プラン(案)』を発表!6月末までパブリックコメントを募集中

大阪市は、2022年6月1日に「なんば駅周辺における空間再編推進事業整備プラン(案)」を発表しました!「なんば駅前広場」を歩行者天国にするほか、高島屋大阪店東側のなんさん通りも一部歩行者中心の空間に再整備がおこなわれます。

なんば駅周辺における道路空間の再編については、2011年に地元町会や商店街、企業が「なんば安心安全にぎわいのまちづくり協議会」を設立し検討を開始。2015年には大阪商工会議所や行政も加わり、空間再編に向けて取り組みが本格化。駅前広場及びなんさん通りの歩行者空間化に向けた検討が進められてきました。

2016年3月に策定した同駅周辺の空間再編に向けた基本計画に基づいて、同年11月に社会実験を実施。高島屋大阪店前の西行き2車線道路と、隣接するタクシー乗り場を3日間にわたり封鎖し、ウッドデッキを敷設して飲食屋台やカフェスペースを設けました。さらに2021年11月~12月に実施した社会実験ではさらになんばマルイ前の東行き2車線道路も封鎖し、「なんば駅前広場」を完全な歩行者天国に切り替えました。

【出展元】
「なんば駅周辺における空間再編推進事業整備プラン(案)」に対するパブリック・コメントを実施します

 


2021年の社会実験では利用者の9割が「広場を歩行者のための空間に改造する」ことに賛成。通常時として比較して高齢者や子ども、女性の滞留時間が増え、人目の行き届く安全な空間であることや、車の通りがなく、歩行者が安全に通行できたことなどが好意的に受け止められました。

大阪市は、これまらの社会実験での検証結果を踏まえ、なんば駅周辺における道路空間の整備方針や整備形態等を定める「なんば駅周辺における空間再編推進事業整備プラン(案)」をとりまとめ、今回の発表となりました。

 

全体計画


整備プランは高島屋大阪店となんばマルイに挟まれた「なんば駅前広場」を歩行者天国にするほか、高島屋大阪店東側のなんさん通りは一部を歩行者天国にします。

なんさん通りは南北に分けて、北側は1時~9時の間、貨物車に限って通行でき、南側は24時間貨物車に限って通行可能になります。なんさん通り周辺には24時間利用できる荷さばき停車帯を2カ所設置し、7、8台の貨物車が停車できるようにする予定です。

現在駅前にあるタクシー乗り場は御堂筋北側とパークス通りに移設し、バス停も現状より御堂筋本線側に移設する。なんば駅前広場、なんさん通りの空間再編により、歩行者空間は約2倍に拡大、車両空間は約0.2倍に縮小。歩行者を主体にした空間に生まれ変わります。工事は2022年度中に始まり、広場部分を先に完成させて、2025年にはなんさん通り含む全体の完成を目指しています。

 


かなり前から構想されていた、なんば駅前広場の改造計画ですが、ついに具体化する事になりました。2025大阪関西万博か開催される頃には、駅前広場の様子が一変する事になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。