新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

(仮称)ヴィアイン京都八条口ー(仮称)京都駅八条口前ホテル計画(西敷地)の状況 17.12

 

th_003_201702022303401f0.jpg
ジェイアール西日本ホテル開発とジェイアール西日本デイリーサービスネットは、JR京都駅前に合計で約900室規模のホテル開発を進めています。今回の計画は、JR京都駅八条口から徒歩2分という抜群のロケーションに、ジェイアール西日本ホテル開発の運営するハイクラス宿泊特化型ホテル(ホテルヴィスキオby GRANVIA)と、ジェイアール西日本デイリーサービスネットの100%出資子会社であるJR西日本ヴィアインが運営する宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」の2棟が並んで誕生する事になり、2019年春ごろの開業を予定しています。

【出典元】
JR西日本ニュースリリース>JR京都駅前に2ブランド計900室の新規ホテルを開業(2019年春ごろ)

【過去記事】
JR西日本が京都駅前に2ブランド計900室の新規ホテルを計画、開業は2019年春頃を予定!

 

★開業日決定!

【2019年5月30日オープン】ヴィアイン京都八条口ー(仮称)京都駅八条口前ホテル計画(西敷地)の状況 18.12



 

 

 

th_001_20170202230338b8c.jpg 計画地の概念図です。JR京都駅の南側、八条通りから少し奥にはいった場所、アバンティの西隣に位置しています。東敷地が(仮称)ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA、西敷地が(仮称)ヴィアイン京都になります。なお、ホテルの施設名所は、記事紹介の便宜上、僕が勝手に付けた仮称で正式名称ではありません。

東側敷地

運営者:㈱ジェイアール西日本ホテル開発
所在地:京都市南区東九条上殿田町42番地(京都駅八条口徒歩2分)
土地面積:3,148㎡
用途:ハイクラス宿泊特化型ホテル「(仮称)ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA」
建物概要:地上9階
客室数:約430室
開業:2019年春頃(予定)

西側敷地

運営者:㈱JR西日本ヴィアイン
所在地:京都市南区東九条上殿田町42番地(京都駅八条口徒歩2分)
土地面積:2,800㎡
用途:宿泊特化型ホテル「(仮称)ヴィアイン京都八条口」
建物概要:地上10階
客室数:約470室
開業:2019年春頃(予定)

 

 

 

 

 



 

【スペック】
計画名称:(仮称)京都駅八条口前ホテル計画(西敷地)
所在地京都市南区東九条上殿田町44番ほか
階数:地上10階、地下0階
高さ:34.4m
構造:S
杭・基礎 :
主用途:ホテル
客室数:468室
敷地面積:2,800㎡
建築面積:1,700㎡
延床面積:14,100㎡(容積対象外:330㎡)
建築主松原興産
設計者東急設計コンサルタント
施工者未定
着工:2018年01月(予定)
竣工:2019年03月(予定)

 

 

 



 

今回ご紹介するのは、(仮称)京都駅八条口前ホテル計画の西敷地、宿泊特化型ホテル「(仮称)ヴィアイン京都八条口」が建設される側の様子です。

 

 

 

 

 

 

 


西敷地には、建設計画のお知らせの他に「旅館業施設の計画の概要」が掲示されており、ヴィアインの客室数は468室との記載がありました。

 

 

 

 

 

 


西敷地のフェンスはシルバーで、東敷地と色で区別されていました。

 

 

 

 


最後は西側から、2施設の計画地を見通した様子です。東西、5950㎡の広大な敷地です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です