MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)プレミスト千早タワー 10.05



(仮称)プレミスト千早タワーは、JR千早駅・西鉄千早駅の近くに建設中の超高層ツインタワーマンションです。千早駅はJR博多駅まで約9分、地下鉄天神駅まで約14分の立地。先日ご紹介したアイランドタワースカイクラブから直線で2km強の距離です。
※今回の写真もclocksさんに送って頂きました。



  

【スペック】
名称:(仮称)プレミスト千早タワー
階数:地上31階 地下1階(A、B 棟)地上8(C棟)
高さ:A・B棟:約 110m、C棟:約30m
戸数:約500 戸(予定)
敷地面積:9,096?
延床面積:72,908.95?

□画像引用元:JC-NET(ジェイシーネット)
→栄泉不動産・巨大マンション開発中物件/大和ハウスが引き継ぎ 大林組動き出す






        

現在の(仮称)プレミスト千早タワー。同タワーは福岡市が整備を進める香椎地区副都心に建設されています。

【香椎副都心計画】
香椎地区副都心整備事業は、旧国鉄香椎操車場跡地周辺と香椎駅周辺を一体的に整備するもので、1992年12月に都市計画の決定がなされました。同副都心整備事業は、香椎操車場地区(約66.3ヘクタール)と香椎駅周辺地区(約20.7ヘクタール)の土地区画整理事業、西鉄宮地岳線(約1.31 キロ)の連続立体交差事業の三つを同時進行させて、ウォーターフロント地区の百道と対を成す、福岡市東部の副都心形成を目指す大規模な市街地再開発計画です。

1、施行面積
約66.3ha(ヤフードーム約9.5個分)

2、計画人口
居住人口 約6,400人(約100人/ha)
就業人口 約22,600人(約340人/ha)

3、事業施行期間
平成6年1月25日(公告の日)?平成29年3月31日(清算期間5年を含む)

4、事業費
約667億円





        

プレミスト千早タワーのすぐ近くには高さ114.3mの超高層ビル、NTTドコモ香椎ビルがあります。香椎地区副都心には現在3棟の超高層ビルが立ち並んでいます。

【スペック】
名称:NTTドコモ九州香椎ビル
階数:地上17階、地下1階  
高さ:114.3m※最高部  
延床面積:36,589?



5 COMMENTS

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>Unknown さま。
「20階の建物がある」そうなんですね。
千早にはそのうち行ってみたいと思います。

Unknown

SECRET: 0
PASS:
再開発らしく、きれいな街並みですね。
ドコモ・千早タワーが大きいので目立ちませんが、実は奥にも20階の建物があるみたいですね。

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>そい さま。
こちらこそ、リンクして頂きましてありがとうございます。こちらも早速リンクを張りましたのでご確認下さい。

>くろ さま。
完成イメージパースは確かに似てますね^^;

くろ

SECRET: 0
PASS:

なんだか野江のツインに似てません??

そい

SECRET: 0
PASS:
香椎周辺は是非一度撮影にいってみたい場所であります。
建物1個ずつのスケールが再開発らしく大きく、綺麗に揃っててとてもいい景観になりそうですね。

そして失礼ですが、同じカテゴリということで自分のブログからこのブログをリンクさせていただきました。一応ご報告までm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です