新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【JR西日本】京橋駅環状線ホームドア(可動式ホーム柵)設置工事の状況 19.08


JR西日本は2018年3月15日付のニュースリリースで、駅ホームの安全性向上に向けた施策として、京橋駅の3・4番線ホームに可動式ホーム柵(以下ホームドア)、大阪駅の5・8番線ホームに昇降式ホーム柵を設置すると発表しました。JR京橋駅では学園都市線・JR東西線の列車が停車する1・2番線ホームに設置されましたが、大阪環状線が発着する34番ホームで、ホームドア設置工事進んでいます。

【出典元】
JR西日本:大阪駅58番のりばに「昇降式ホーム柵」、京橋駅34番のりばに「可動式ホーム柵」を設置します
【過去記事】
 

 

大阪環状線初のホームドアは京橋駅3・4番線ホーム。大阪駅5・8番ホームには昇降ロープ式ホーム柵の導入が決定!



 

 

 

ホームドアは間口約3.5mの横開きタイプ。高さ約1.3m、柵延長は約160mで、2019年秋頃の使用開始を予定しています。環状線の電車は3ドア車と4ドア車が混在していましたが、ホームドアの設置を見越して4ドア車の201系全車が3ドア車新型323系に置き換えられ、環状線に乗り入れる電車のドア数は3ドア車に統一されました。(一部特急を除く)

 

 

 

 

現地の様です。大阪方面・内回りホームにホームドアユニットが取り付けられています。

 

 

 

 

ホームドアユニットのアップです。

 

 

 

 

反対側から見た様子です。

 

 

 

 

ホームを見通した様子です。ズームレンズの圧縮効果で引き寄せてみました。

 

 

 

 

撮影ポイントを変えて、外回りホーム側から見た様子です。開口部が非常に広い事がわかります。

 

 

 

 

年季の入ったホームにズラリと設置されたホームドアユニットが圧巻です。

 

 

 

 

ユニットを線路側から見た様子です。可動部が重なって収納されています。

 

 

 

 

最高部に設置されたスイッチ類の様子です。

 

 

 

 

先頭付近の操作パネルの様子です。上の写真は時々現れる大和路快速6両編成の停車位置付近です。

 

 

 

 

最後はホーム全体を見通した様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です