【再都市化ナレッジデータベース】

近鉄ー駅別乗車客数ランキング ベスト50【2018年最新版】

今回は近鉄の乗降客数ランキングをご紹介したいと思います。データは近鉄公式サイトの駅別乗降人員から引用しました。統計は2018年11月13日(火)の利用者数で年間平均値ではありません。

数値を見ると、あべのハルカスがある大阪阿部野橋駅が16.2万人でトップでした。南大阪線は終点の阿部野橋駅で御堂筋や環状線に乗り換える利用形態なので、数値が特に大きくなっています。2位は環状線との乗り換え駅である鶴橋が16.1万人、3位大阪難波駅13.4万人と続きます。

【出展元】
近鉄公式サイト>駅別乗降人員

 

 



 

近鉄の路線規模から想像するよりもターミナル駅の乗降客数が控えめに見えますが、これは大阪側のターミナル駅が分散型である事が原因です。例えば阪急であれば一部が堺筋線と相互直通運転を行っていますが、基本的に梅田一極集中型で梅田駅の乗降客数は50.8万人と飛び抜けています。対する近鉄は大阪側のターミナル駅が鶴橋・上本町・日本橋・難波の4駅に分散し各駅で他社線に乗り換える利用形態となっています。大阪側の4駅を合計すると乗降客数は42.3万人となります。また、南大阪線の阿部野橋駅を加えると58.6万人まで膨れ上がります。

また、関西の鉄道会社の統計は、東京の統計とは異なり他社と直通している駅の相互直通運転による通過客はカウントされていない事が多いです。例えば、東急渋谷駅(116.8万人)には田園都市線・半蔵門線の路線相互の直通客(通過客)が含まれています。これは鉄道会社が変わり、電車毎降車・乗車扱いになる為です。仮に大阪難波駅を東急渋谷駅方式でカウントすると、阪神への直通人員(約9.5万人)が加わるため乗降客数22.9万人になり、近鉄全線で1位になります。

 

2018年 近鉄乗降客数ランキング ベスト50

 

※長野線ー喜志駅17,226人が抜けていたので38位に追加し一覧表を修正しました



順位 駅名 乗降客数 路線 所在地
1 大阪阿部野橋 162,589 南大阪線 大阪
2 鶴橋 161,451 大阪線・奈良線 大阪
3 大阪難波 134,288 難波線 大阪
4 近鉄名古屋 106,217 名古屋線 愛知
5 京都 83,478 京都線 京都
6 大阪上本町 77,990 大阪線・奈良線 大阪
7 近鉄奈良 55,330 奈良線 奈良
8 学園前 51,146 奈良線 奈良
9 近鉄日本橋 50,224 難波線 大阪
10 大和西大寺 48,072 奈良線 奈良
11 生駒 47,254 奈良線 奈良
12 近鉄丹波橋 46,900 京都線 京都
13 近鉄四日市 45,116 名古屋線 三重
14 布施 39,370 大阪線・奈良線 大阪
15 近鉄八尾 37,867 大阪線 大阪
16 大和八木 37,345 大阪線 奈良
17 藤井寺 35,802 南大阪線 大阪
18 高の原 34,836 京都線 奈良
19 長瀬 30,889 大阪線 大阪
20 河内松原 29,976 南大阪線 大阪
21 新大宮 28,890 奈良線 奈良
22 富雄 28,125 奈良線 奈良
23 27,268 名古屋線 三重
24 八戸ノ里 27,151 奈良線 大阪
25 河内小阪 26,959 奈良線 大阪
26 五位堂 26,874 大阪線 奈良
27 大久保 25,445 京都線 京都
28 新田辺 24,474 京都線 京都
29 瓢箪山 21,783 奈良線 大阪
30 古市 20,937 南大阪線 大阪
31 河内山本 20,281 大阪線 大阪
32 桑名 19,621 名古屋線 三重
33 東花園 19,107 奈良線 大阪
34 新石切 18,240 けいはんな線 大阪
35 橿原神宮前 17,815 橿原線 奈良
36 東生駒 17,682 奈良線 奈良
37 近鉄郡山 17,558 橿原線 奈良
38 喜志 17,226 長野線 大阪
39 河内天美 16,958 南大阪線 大阪
40 河内国分 16,458 大阪線 大阪
41 荒本 16,277 けいはんな線 大阪
42 桜井 16,229 大阪線 奈良
43 小倉 15,940 京都線 京都
44 向島 15,839 京都線 京都
45 若江岩田 15,832 奈良線 大阪
46 吉田 15,369 けいはんな線 大阪
47 桃山御陵前 15,214 京都線 京都
48 近鉄富田 15,050 名古屋線 三重
49 大和高田 15,019 大阪線 奈良
50 新祝園 14,793 京都線 京都

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です