MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

新幹線における列車公衆電話サービスが2021年6月で終了。



 

JR 北海道、JR 東日本、JR 東海、JR 西日本、JR 九州の5社は、2021 年 6 月 30 日(水)に新幹線車内における列車公衆電話サービスを終了すると発表しました。

携帯電話の普及により列車公衆電話サービスの利用が減少していることに加え、 トンネル内などを含め、すべての新幹線で携帯電話の利用が可能になったことから、サービスを終了する事になりました。

【出展元】
新幹線における列車公衆電話サービスの終了について 

 

 



JR各社と、NTTコミュニケーションズは、今後は、手持ちの携帯電話をご利用するか、駅などに設置してある公衆電話ご連絡をお済ませた上で乗車するように呼びかけています。なお、サービス終了日 2021 年 6 月 30 日(水)の前であっても、6 月 7 日(月)以降、列車により公衆電話をご使用になれない場合があるとの事。

 

 

 



携帯電話続き、スマホが爆発的に普及し、LINEなどのメッセンジャーアプリやSNSが広まった事により、コミュニケーション手段の多様化が進み、電話ボックスや公衆電話が活躍する場面が非常に少なくなりました。これからの若い世代は「ダイヤルを廻す」からさらに進んで「公衆電話って何?」という世界に突入すると思います。

テクノロジーの進化により、いままで当たり前だった社会インフラすら駆逐されてしまう。パラダイムシフト・・と呼ぶと大袈裟ですが、ここ10年間のスマホの普及は本当に世界を変えてしまいました。

1 COMMENT

アリー my dear

列車内の公衆電話もいよいよ過去の遺物ですか…時代の流れを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です