新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

高架化工事が完成した熊本駅ー改札外・在来線柵内コンコース編



JR鹿児島本線・豊肥本線連続立体交差事業は、上熊本駅と熊本駅を含む合計約7kmの在来線の線路を高架化し、15か所の踏切を除却し道路混雑の緩和や地域分断の解消を目指すものです。事業は2010年度に建設が始まり2018年3月17日に高架線に切り替えられ、駅の全面高架化が完成しました。

 

高架化工事が完成した熊本駅ー『熊本城の石垣(武者返し)』をイメージした駅舎は威風堂々としたデザイン!



 

 

熊本駅特集2回目の今回は、改札外コンコース・肥後よかモン市場・在来線改札内コンコースをご紹介して行きます。こちらは改札外コンコース。ちょうど在来線ホームの下ぐらいの場所で、最後に工事が行われた箇所です。白を基調にしたシンプルなデザインで纏められています。

 

 

 

 

こちらは新幹線側の様子です。在来線ホームとは事なり「木」をふんだんに使った天井が目を引きます。

 

 

 

 

 

 

新幹線側から在来線側を見通した様子です。コンコース南側(写真奥)の高架下には商業施設「肥後よかモン市場」が設けられました。

 

 

 

 

「肥後よかモン市場」は約60店舗が軒を連ね、熊本を中心に九州各地のご当地グルメやお土産をまとめて楽しめる商業施設です。観光案内所やドラッグストア、コンビニ、100円ショップも入居しており、地元の方はもちろん、観光や出張で熊本を訪れる人にとっても便利なスポットです。僕が大好きなミスドとモスバーガーも入居しています。

 

 

 

 

飲食店が充実してます。特にラーメンは4店舗が軒を連ねており目移りしそうです。

 

 

 

 

インスタ映えしそうな提灯がズラリと並んだ店。

 

 

 

 

続いて在来線コンコースを見て行きます。

 

 

 

 

改札口付近の様子です。自動改札機は6通路。発車票は三色LED。

 

 

 

 

改札内コンコースを見通した様子です。完璧に整ったコンコース内を撮影すると、完成予想パースの様な感じになりました。

 

 

 

 

 

 

気に入ったのがこの案内サイン。両面のサインを正方形に並べたサインは、とても美しく思えました。

 

 

 

 

改札内コンコースの奥側の様子です。

 

 

 

 

振り返って改札口付近を見た様子です。

 

 

 

 

コンコースの最深部には階段がありました。番線表示のレタリングがSFチックでカッコイイ!!

 

 

 

 

少し戻ってコンコースを東西に見た様子です。奥に見えるのは新幹線の乗乗り換え改札口です。

 

 

 

 

新幹線乗り換え改札のアップです。

 

 

 

 


最後はホームに向かうエスカレータ付近の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です