【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

南海本線ー羽衣駅高架化工事の状況 18.03



 

南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業は、南海本線羽衣駅から高石駅周辺区間における道路交通の混雑緩和や踏切における事故や渋滞を解消するとともに、鉄道によって分断されていた市街地の機能が一本化され、魅力ある街づくりの実現に大きな役割を果たす高架化事業です。総事業費は約550億円です。長らく工事が行われてきた羽衣駅付近の高架化ですが、工事の進展に伴い2016年5月14日(土)の始発電車から高石駅・羽衣駅の下り線が高架線に切り替えられました。


th_IMG_0264_20160424184252aa7.jpg

南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業の事業延長は約4.1km(南海本線3.1km・高師浜線1.0m)で、対象駅は羽衣駅・高石駅の2駅で途中13箇所の踏切が除却されます。事業年度は1997年度から2019年度となっています。現在は上り線の高架化工事が行われています。

 

 

 

 


現地の様子です。前回の取材が「下り線」が高架に切り替えられた2016年05月頃だったので約1年9ヶ月振りの撮影です。

 

 

 

 

 



地上部の跨線橋から見た上り線駅部の様子です。高架がかなり出来上がってきてますね。奥に見えるタワークレーンは駅前で建設中のタワーマンションブランズタワー羽衣です。

 

 

 

 

 

 


和歌山側を見た様子です。

 

 

 

 

 


最後は地上の上り線ホームから見た現地の様子です。

1 Comment

アリー my dear

ここはJR羽衣支線との結節点ですので、これから先の伸びしろがありそうな場所でしょうね。
この駅前で建設中の高層マンションも販売が好調だそうで(╹◡╹)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。