新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

熊本城の麓にある「桜の馬場 城彩苑」は江戸時代の城下町を再現した観光施設!

桜の馬場 城彩苑(さくらのばば じょうさいえん)は、熊本市中央区にある観光施設で本の歴史と文化の発信および地元物産の販売促進をコンセプトとしています。県営熊本城内プール跡地に建設され2011年3月に開業しました。運営は九州綜合サービス。城彩苑内には総合観光案内所や歴史文化が体験できる湧々座(わくわくざ)、 熊本の郷土料理・名物をメインとした23の飲食店や売店などがある桜の小路で構成されています。

 

所在地

熊本市中央区二の丸1-1-1

利用料金

【熊本城ミュージアム入館料】高校生以上300円、小中学生100円(障害者手帳をお持ちの方は無料)

定休日

 熊本城ミュージアム 12月29日~31日

 桜の小路       12月29日~31日(店舗により異なる)

 城彩苑総合観光案内所 12月30日・31日

 


出展:https://kumamoto-guide.jp/kumamoto-castle/

場所はこちらです。桜の馬場 城彩苑 ←→ 二の丸駐車場 間には無料シャトルバスが運行されており非常に便利です。運行時間は午前9時~午後5時 ※最終二の丸発 で、15分~20分間隔で運行されています。

 

 

 

 

現地の様子です。場所は熊本最大の交通ハブターミナル「サクラマチクマモト」から徒歩5分の好立地。気軽に立ち寄る事が出来ます。

 

 

 

 

さっそく中に入って見ましょう!

 

 

 

 

時代劇のセットの様な光景が広がっています。

 

 

 

 

今回は空港行きのリムジンバスの僅かな待ち時間を利用して取材したのでジックリと見る余裕は無かったですが、なかなか多彩なショップが並んでおり、楽しげな感じでした。

 

 

 

 

このあたりの雰囲気はかなり良かったです。

 

 

 

 

施設の真ん中にある親水空間です。最初は「足湯」かな?と思いましたが違いました。

 

 

 

 

かなりいい感じですね。

 

 

 

 

屋根の下は舞台のようになっていました。

 

 

 

 


最後は復旧工事が進む熊本城天守閣と絡めたアングルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です