MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)イオンモール豊川は2023年春開業予定!スズキ豊川工場の跡地に延床面積約10.8万㎡の施設、約200の専門店が入居


イオンモールは、2021年8月16日付けのニュースリリースで、愛知県豊川市で開発中のショッピングモール「(仮称)イオンモール豊川を2023年春に開店すると発表しました!本計画地は豊川市中心部から西に約3km、名古屋鉄道豊川線八幡駅至近に位置し、公共交通アクセスに恵まれるとともに、国道1号線から東に約600mと幹線道路からのアクセスも良く、東三河全域からの幅広い集客が期待できる立地です。また、近接する豊川市民病院や、豊川市が進める「八幡駅周辺地区のまちづくり」と連携しながら、商業・医療・福祉・文化の複合的な地域拠点として、街のにぎわい創出の一助となる施設を目指すとの事です。

 

【出展元】
「(仮称)イオンモール豊川」 の出店について
八幡駅周辺地区のまちづくり


(仮称)イオンモール豊川は、敷地面積約12.8万㎡に、鉄骨造、地上3階建て、延べ床面積約10.8万㎡の施設を建設し、約200の専門店が入居する計画です。駐車台数は約3千台。場所は2018年に撤退したスズキ豊川工場の跡地です。愛知県内へのイオンモールの出店は、今秋に開業するノリタケカンパニーリミテド本社工場跡地の店舗に次いで14店目。敷地面積は三河地域で最大、愛知内全体では4番目の広さとなります。

 

 

■計画概要
・名称:(仮称)イオンモール豊川
・所 在 地: 愛知県豊川市白鳥町兎足1-16
・敷地面積: 約128,000㎡
・延床面積: 約108,000㎡
・建物構造: 鉄骨造 地上3階建
・駐車台数: 約 3,000台
・専門店数: 約200店舗
・開店予定: 2023年 春

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です