【再都市化ナレッジデータベース】

制限解除!AWSが2021年初頭に大阪にスタンダードなAWS大阪リージョンを開設!

Amazon.com, Inc.の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.AWS)は2020年1月20日付けのニュースリリースで、2021年初頭に、日本で二つ目となるAWSリージョンを大阪に開設する計画を発表しました。アベイラビリティゾーン(AZ)間の距離の要件を満たす必要のあるユーザー向けに、2018年に開設されたAWS大阪ローカルリージョンは従来は機能を限定した拠点でしたが、それを拡張する計画です。

2021年初頭に開設予定のアジア太平洋リージョン(大阪)は、3つのAZで構成され、さまざまなAWSサービスを提供します。北京、香港、ムンバイ、寧夏、ソウル、シンガポール、シドニー、東京にある既存のリージョンに続いて、アジア太平洋地域で9番目のAWSリージョンとなります。AWSは現在、世界22の地理的リージョンに69AZを展開しています。今回発表の大阪以外に、AWSは今後、インドネシア、イタリア、南アフリカ、スペインの4つの地理的リージョンにおいて13AZを開設することを発表しています。

【出展元】 →AWS2021年初頭に大阪でスタンダードなAWSリージョンを開設  


 

 

 


※データセンターのイメージ

AWSジャパンが2018年2月に開設した大阪ローカルリージョンは、1つのAZのみで構成される他、東京リージョンとの併用が前提となっており単体での利用が出来ませんでした。また、審査を通過したユーザーのみ利用を許可するなど、一定の制限が設けられていました。

新たな大阪リージョンは、フルリージョンとして全ユーザーに開放し、制限を設けずに通常のサービスが提供されます。これにより、関西圏のユーザーは、複数のAZを活用して可用性を高められる他、東京リージョンを利用する場合よりも低遅延でサービスを利用する事ができます。従来通り東京リージョンと大阪リージョンを併用することも可能との事です。

現時点で、大阪リージョンの積極活用を表明している企業は、関西電力、JCB、コニカミノルタ、三井住友信託銀行、三菱UFJフィナンシャル・グループなどです。特に金融機関は、ディザスタリカバリの要件から、大阪リージョン開設の要求が高く、ユーザーからのニーズに応えて開設が決まりました。

※ディザスタリカバリ
事業継続マネジメントにおける概念のひとつで、災害などによる被害からの回復措置、あるいは被害を最小限に抑えるための予防措置のこと

 

 

 

 

関連記事

GoogleがクラウドサービスGoogle Cloud Platform(GCP)の大阪リージョンを開設すると発表!2019年にサービス開始予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です