新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【竣工】グランドメゾン御園座タワーの夕景


グランドメゾン御園座タワーは、名古屋市中区栄1丁目にあった御園座会館の建替え再開発により誕生した超高層ビルです。新しく建設されたビルはタワーマンションを主体とした複合ビルで、地上40階、高さ約160m、1階が店舗、2~4階が劇場、5~41階が分譲マンションとなっています。入居している「御園座」は1896年(明治29年)の開業以来、「芸 どころ名古屋」を象徴する劇場として親しまれてきました。計画は、建築家・東京大 学教授の隈 研吾氏が監修し、名古屋の歴史と文化を継承しながら、新たな機能を備えた「御園座」と商業施設、分譲マンション 「グランドメゾン」との複合開発となりました。

【出典元】
名古屋市HP>(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画」建設事業に係る環境影響評価準備書
(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画」着工 – 積水ハウス
PDF

【過去記事】
グランドメゾン御園座タワーの状況 18.09
グランドメゾン御園座タワーの建設状況 17.04
グランドメゾン御園座タワーの建設状況 16.08
グランドメゾン御園座タワーの建設状況 16.05
(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画の状況 15.09
(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画の状況 15.01
(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画

 

 

 

【スペック】
名称:グランドメゾン御園座タワー
所在地:名古屋市中区栄1丁目6023他(地番)
階数:地上40階、塔屋2階、地下1
高さ:約160m 軒高約150m
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 場所打ちコンクリート杭
主用途:共同住宅、劇場、店舗、駐車場
総戸数:304
敷地面積:4,831.90
建築面積:3,613.28
延床面積:56,112.92
建築主:積水ハウス
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
着工:201504
竣工:2017年11月
入居:2018年01月


 

 

 

低層部に入居する御園座(みそのざ)の様子です。御園座は名古屋市中区にある老舗劇場で、創業122年を迎えた201841日に新装開場しました。

 

 

 

南東側から見た様子です。

 

 

 

 

 

御園座の外装は伝統的な「なまこ壁」の意匠を継承しています。

 

 

 

アップで見た様子です。結構複雑な造形となっています。

 

 

 

 


夕日に輝くグランドメゾン御園座タワーの様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です