【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

JR西日本が計画中の「新たな長距離列車」の車内デザインが明らかに。117系改造とは思えない内装が凄い!


TWILIGHTEXPRESS瑞風」よりもカジュアル、安価で楽しめる長距離列車の登場

JR西日本は2017年6月20日に、同社が運行を開始した豪華クルージングトレイン「TWILIGHTEXPRESS瑞風」よりもカジュアルかつ安価で楽しめる長距離列車を2020年夏までに導入すると発表しました。

同社は鉄道事業の事業戦略として、地域との対話と連携を通じ、観光を中心として西日本各エリアの活性化に貢献することを掲げています。「新たな長距離列車」は、その一環として2020年春の運行開始に向け準備が進められていますが、今回の発表では、そのインテリアデザインが明らかになりました。

 

【出典元】
JR西日本>新たな長距離列車の車内デザイン(PDF)

【過去記事】
JR西日本が117系を改造した新たな長距離列車を導入!瑞風よりもカジュアルな価格設定、デザインは川西康之氏が担当

※すじこ筋線さんから情報を頂きました、ありがとうございました!

 

 

「多様性」「カジュアル」「くつろぎ」がキーワード

「新たな長距離列車」は、「多様性」「カジュアル」「くつろぎ」をキーワードに、鉄道の旅の楽しさを知ってもらえる車両がコンセプト。1両ごとに異なる座席タイプを配置し、シンプルながら快適性が高く、落ち着いた車内空間を提供しつつ、車窓から沿線の風景を楽しめる車両となります。そのほか、乗降口付近や運転台後方を活用して複数のフリースペースを設置す、4号車は全体が、乗客が思い思いにご利用出来るフリースペースが設けられます。

 

 



 

列車の概要

・運行開始時期:2020年春
・運行エリア(例):京阪神~山陰方面、京阪神~山陽方面 など
※臨時列車として、期間を定め複数の区間を運行予定
・車両:117系6両1編成を改造
・座席・定員:全車指定席・90名程度

 

 

 

 

1号車(グリーン車) 1列+1列シート

向かい合う2つの座席を1名でご利用いただける広々とした空間を提供
2つの背もたれを倒すことでベッドへの転換が可能

 



 

 

2号車(普通車) フルフラットシート、2列+2列シート [女性専用席]

5号車、3号車と同様のフルフラットシート、2列+2列シートを配置
女性更衣室、女性専用トイレを配置

 



 

 

 

 

3号車(普通車) コンパートメント、2列+2列シート

ファミリーなどグループでご利用可能なコンパートメント
グリーン車並の座席間隔で配置した2列+2列のリクライニング席

 



 

 

4号車(フリースペース)

テーブルや着席スペースを複数設置し、自由に過ごせるフリースペース
グループでご利用出来るボックス席

 



 

 

 

5号車(普通車) フルフラットシート

サンライズエクスプレス「ノビノビ座席」と同様の横になりくつろげるフルフラットシート
車椅子対応座席、多機能トイレを配置



 

 

6号車(グリーン個室)

個室を5室配置、うち1室は1名用個室。

 



 

カジュアル系クルージングトレインの価格設定は?

先代のトワイライト・エクスプレスは、手が届く高級寝台列車でしたが、豪華クルージングトレイン「TWILIGHTEXPRESS瑞風」はその料金の高さから、おいそれとは手が出ない列車になりました。JR西日本も、この「新たな長距離列車」を企画している事から、その辺りの問題意識は持っているのだと思います。さらに車齢的に古い117系を元にした改造車とする事で、新造するよりも大幅にコストを抑えつつ、高いクオリティのインテリアを実現し、安価に提供しようとしている事が解ります。

瑞風には手がでないけど「新たな長距離列車」なら乗れるかも・・。そんなポジショニングを狙ったこの列車。内装は非常に良さそうなので、期待が高まってきました。あとは外観デザインと料金設定がどの程度になるか?に注目が集まりそうです。

 

 

1 Comment

アリー my dear

気になる料金はいかほどなんでしょうね、手が届く範囲なら私も一回くらいは乗ってみたいです(^∇^)
そして外観デザインも、現状の117系からどう変化するのか楽しみです(*´-`)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。