【再都市化ナレッジデータベース】

UPSドローン配信子会社 UPS Flight Forwardがティルトローターを搭載した固定翼ドローンを開発


米運送大手UPS参加のドローン配達子会社 UPS Flight Forward(UPSFF)は、ドイツのドローンメーカー Wingcopterと協力して、米国および国際的なさまざまなユースケース向けの次世代パッケージ配信ドローンを開発すると発表しました。

 

【出展元】
UPSフライトフォワードとウィングコプターが多用途の新しいドローンを開発

 

 

 Wingcopter社の電動垂直離着陸用ドローンの最大の特徴は、2つのドローンモード(ホバリング用のマルチコプターと低ノイズの前進飛行用の固定翼)の間のシームレスな移行を可能にする特許取得済みのティルトローターメカニズムです。空力的なWingcopter航空機は、過酷な気象条件でも満たされていない安定性で動作します。

 

 

独自の特許取得済みのティルトローターメカニズムを備えたWingcopterは、市販のマルチコプタードローンの範囲とペイロード機能をはるかに超えており、効率の新しい次元を実現しています。電動ウイングコプター航空機は、マルチコプターのように離陸して垂直に着陸し、最小のスペースで固定翼航空機と同じくらい効率的かつ迅速に長距離を飛行します。これにより、最大75マイル(120キロメートル)の範囲と150 mph240 km / h)のギ ネス世界記録速度を実現します。最大45 mph72 km / h)の強風や悪天候でも、ウィングコプターは自律的かつ確実に飛行します。

 

 

 


ティルトローターメカニズムを搭載した固定翼ドローンは、通常のマルチコプターよりも高速に長距離飛行するため、ドローン宅配できる商品の種類が増え、宅配可能エリアが広がります。現在UPSFFは処方薬や医療サンプルの輸送にマルチコプターを使っていますが、Wingcopter製ドローンの導入により、UPSFFは対象市場をヘルスケアや小売業界だけでなく、ハイテクや工業、エンターテインメントといった分野へ拡大できると見込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です