【再都市化ナレッジデータベース】

スカイトラックス 2020世界空港ランキングで関西空港が3部門で1位を受賞!



関西エアポートは、2020年5月14日付けのニュースリリースで、イギリスを拠点とする航空サービスリサーチ会社、スカイトラックス社が実施した国際空港評価「World Airport Awards 2020」において、関西国際空港が「World’s Best Airport Staff」「Best Airport Staff in Asia」「World’s Best Airport for Baggage Delivery」の3部門で第1位を受賞したと発表しました!また、世界ベスト空港2020総合ランキングでも10位になりました。

【出展元】
関西国際空港、スカイトラックスの国際空港評価3部門で1位を受賞!
The World’s Best Airports of 2020

 


「世界ベスト空港2020」のトップ10空港

1.シンガポール・チャンギ空港(シンガポール)
2.羽田空港(日本)
3.ドーハ・ハマド国際空港(カタール)
4.仁川国際空港(韓国)
5.ミュンヘン空港(ドイツ)
6.香港国際空港(香港)
7.成田国際空港(日本)
8.中部国際空港(日本)
9.アムステルダム・スキポール空港(オランダ)
10.関西国際空港(日本)

 

 

関西空港が3部門で1位を獲得



・World’s Best Airport Staff
空港スタッフにより提供されるサービスの質(態度、親しみやすさ、効率性)を表彰。カスタマーサービスや、出入国管理及びセキュリティスタッフをはじめ、ショップや飲食店などお客様対応をする全てのスタッフが含まれる。今回の受賞は、お客様へ最高品質のサービスを提供するため、最善の努力を尽くしている空港従業員一人一人の対応が評価されたものと考えている。関西国際空港が第1位を受賞するのは、初めて。

・World’s Best Airport for Baggage Delivery
手荷物受け取りまでの待ち時間、手荷物受け渡しの効率、ロストバゲッジの対応などが評価対象で、関西国際空港は 2015 年から 6年連続で受賞している。関西国際空港が起因となるロストバゲッジが開港以来ゼロという記録は、技術系社員や航空会社、グランドハンドリング会社をはじめとする関係者の日々の丁寧な作業の賜物と考えている。

・Best Airport Staff in Asia
アジア地域における空港スタッフのサービスの質を表彰。「World’s Best Airport Staff」と同様に、空港で働く従業員一人一人のサービスが評価されたものと考えている。関西国際空港が第1位を受賞するのは、2014年以来。

 

◼ その他関西国際空港に関するノミネート
・World‘s Best LCC Terminal:2位
・World‘s Best PRM/Accessible Facilities(身障者用設備):2位
・World‘s Best Airport Security Screening:6位
・Best Airports in Asia:7位
・World‘s Cleanest Airport:9位

 

 



コロナウイルス・パンデミックの影響で航空業界は全世界的にかつて無い危機的な状況が続いています。しかし、世界的なパンデミックは徐々にピークアウトしつつあり、何もかもお先真っ暗といった状況ではありません。関西空港が世界的に高い評価を焼けた今回のニュースは久しぶりの明るい話題は本当に嬉しいです。少しでも早くパンデミックが収まって、世界中の空港に賑わいが戻りますように。そんな事を思いながらこの記事を書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です