新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

【2020年3月完成予定】新千歳空港 国際線ターミナル 拡張工事の状況 19.02


新千歳空港を運営・管理する新千歳空港ターミナルビルディングは、国際線旅客ターミナルビル施設の再整備を進めています。新千歳空港の国際線旅客ターミナルビルは2010年3月から供用を開始していますが、2018年(暦年)の国際線旅客数は372万人に急増しており、2019年のラグビーワールドカップ日本開催や2020年の東京オリンピック・パラリンピックでさらなる需要が見込まれる中、国が進める新千歳空港国際線ターミナル地域再編事業と強調し、施設の再整備を行なうことになりました。

今回の拡張工事は、国際線ターミナルの延床面積を約2倍に拡張する他、富裕層をターゲットにした高級ホテルを設ける計画で、総事業費は約650億円で旅客取扱部が2019年8月、ホテル部が2020年1月、工事完了は2020年3月末を予定しています。

 

【出典元】
新千歳空港国際線旅客ターミナルビル施設再整備について

 

新千歳空港など北海道7空港民営化で企業連合4組が応募、来夏に委託先決定



新千歳空港ターミナルビルに登場した雪ミク スカイタウンなど



新千歳空港ターミナルビル増築・改修工事



 

 


今回の増築計画の概念図です。ターミナルの延床面積は現状の約6万1000m2から約12万4000m2(いずれも官庁エリア含む)とほぼ倍の広さになります。また、増築部分は8階建てとなり、5~8階には富裕層をターゲットにした高級ホテルが入居します。チェックインカウンターは47から74ブースに、保安検査レーンは4から9レーン、PBB(パッセンジャーボーディングブリッジ)は8から17基へと拡張されます。今回の増床工事が完成すると、新千歳空港のターミナルビルの総延床面積は33万㎡を超える事になります。

 
国内線ターミナル:153,277m2
増築部部分   :35,413m2
連絡施設    :21,270m2
国際線ターミナル:124,000m2 ※増築工事完成後
———————————————-
合計      :約333,960m2

 

 

 

主な工事内容




・出発ロビー及び到着ロビー等の施設拡張
・チェックインカウンター及び保安検査レーンの増設
・テロ対策などのセキュリティ強化
・免税店等の商業施設の拡充
・ターミナルビル付属ホテルの新設
・出国エリア及び入国エリアの施設機能強化(国の整備)

 

 

 


新千歳ターミナルビルの資料からお借りした新千歳空港国際線ターミナルの増築部の様子です。1段高い部分は高級ホテルが入居する部分です。現在の所、ホテルブランドは不明です。

 

 

 

 

 

 


増築部の完成イメージパースです。

 

 

 

 

IMG_9149.jpg

新千歳空港 ターミナル全体のMAPです。画像の半円形のビルが国内線ターミナル、上が現在の国際線ターミナルです。

 

 

 

 

 


現地の様子です。かなり工事が進んでいますが、2019年8月から旅客取扱部の供用ができるのでしょうか?若干遅れるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 


拡張工事中の国際線(写真右)と、国内線(左)の様子です。

 

 

 

 

 


国際線ターミナルの様子です。出発ゲートに向けて長い待機列ができるようですね。

 

 

 

 

 

 


出発先を見ると、上海、北京、ソウル、台北が表示されていました。北海道の食とパウダースノーは大きな観光資源になっています。

 

 

 

 

 


新千歳空港の2018年暦年旅客数は、国内線:1959万人、国際線:372万人、合計2331万人に達しています。国際線ターミナルビルの拡張により国際の旅客数はさらに増加する事は確実で、新千歳空港も年間旅客数3000万人超えが狙えるポジションまで成長しました。

 

2 Comments

しろきちさん

こんばんは(^O^)/
主要国際空港以外では新千歳・福岡・那覇の成長が著しいですね(*´∀`)

新千歳の国際線ターミナル、福岡空港の国際線ターミナルの延床面積(約7万3000平方メートル)を大幅に越えるとの事で、機能拡大が期待できますね。
(福岡空港も民営化後にターミナル拡張を予定しているとの事で、切磋琢磨に期待です!)

アリー my dear

千歳も成長・発展が目覚ましいですね、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です