【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

伊丹空港ターミナルビル・リニューアル工事の状況 19.02


新関西国際空港会社は2014年9月2日発表のニュースリリースにて、大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト「Speedy&Smart 都市型先進空港 ITM」を始動すると発表しました。この改修プロジェクトは、大阪国際空港のターミナルビルが大阪万博開幕を控えた1969 年にオープンして以来の大規模な改を行うもので、2020 年の東京オリンピック、パラリンピック開催に向け、国内外の多くのお客様に大阪国際空港をスピーディで快適、便利に利用出来る様に、万全の態勢を整える計画です。

改修プロジェクトでは、ターミナルビルの「安全・安心の強化」、「環境・地域との共生」はもちろん、出発、到着時のお客様の動線を抜本的に見直し、最新の IT 技術も積極的に取り入れ、スピーディでスムーズな移動が実現されます。さらに、ターミナルビル内も快適、便利な空間とし、商業エリアも魅力あふれるものに全面リニューアルすることで、大阪国際空港はスピーディでスマートな都市型先進空港に生まれ変わる事になります。

【出典元】
新関西国際空港会社>大阪国際空港ターミナル改修工事着手について(PDF)
新関西国際空港会社>大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト 「Speedy&Smart 都市型先進空港 ITM」始動 (PDF)

【過去記事】
伊丹空港ターミナルビル・リニューアル工事の先行エリアがオープン!ーPart.1 モノレール駅~ターミナル中央2階エントランス編
伊丹空港ターミナルビル・リニューアル工事の先行エリアがオープン!ーPart.2 中央到着ロビー~新店舗エリア編
伊丹空港ターミナルビル・リニューアル工事の先行エリアがオープン!ーPart.3 中央エリア1階~バス乗り場編
伊丹空港ターミナルビル・リニューアル工事の先行エリアがオープン!ーPart.4 展望デッキ編
2020年の東京オリンピック開催に向けた伊丹空港の大規模リニューアル「大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト 」が始動!

 

 

 

伊丹空港リニューアルによる主な改修内容


①出発動線 
・ モノレール駅からは、新しいペデストリアンデッキにより、2階保安検査場まで階層移動なく直行可能に。
・ バス降り場は出発ターミナルビルの前に配置し、チェックインカウンターや保安検査場までの移動はよりスピーディに。
・ 駐車場との間の横断歩道にはルーフを設置し、雨の日も濡れずに移動可能に。
・ セキュリティチェックや出発手続は、インラインスクリーニングシステムの導入で、よりスムーズに。セルフバゲージドロップ導入等も検討。
・ 保安検査場は拡張により、待ち時間を短縮し、よりスムーズな通過が可能に。
・ 搭乗口までは、ムービングサイドウォークの設置で、よりスムーズな移動が可能に。
・ 小型機対応フィンガーの新設により、MRJ等の小型機にも、搭乗橋でスムーズに乗降可能に。

②到着動線
・ 到着口は中央2階に集約し、新しいデッキにより、各交通機関にダイレクトに接続。次の目的地に向けてスピーディな出発が可能に。
・ 到着ロビーでは、IT・デジタルサイネージにより交通情報を提供し、お客様の各交通機関の選択を的確にサポート。

③快適・便利な空間(もっと快適に使いやすく)
・ 到着口の集約に合わせ、新しい到着ロビー(3階まで吹き抜け)を開設(中央2階)。
・ 到着口を見下ろせるロビースペース、カードラウンジ、ビジネスサポートセンターも備えた空間を新設(中央3階)。
・ ゲートラウンジは全面リニューアルし、段差の解消や点字・多言語の案内標識の整備を実施(ユニバーサルデザイン対応)。
・ 全館 Wi-Fi の導入で、ターミナル内どこでもインターネット利用可能に。


④魅力的な店舗展開(食べて買って楽しめる空港へ) 

・ 大阪・関西の活気あふれる2つのテーマゾーン(飲食・物販)の展開(中央2階到着ロビーの両サイド)。
・ ゆったり過ごせるダイニングスペースの展開(中央3階)。
・ 選びやすく買いやすいお土産店、カフェ、コンビニ、個性ある物販飲食店舗の展開(出発エリア)。
・ 搭乗前のひと時を快適・便利に過ごせる店舗の展開(ゲートラウンジ)。

⑤環境・地域との共生(さらに環境と地域にやさしい空港へ) 
・ 雨水の中水利用、照明のLED化、空調の高効率化。
・ 飛行機が間近に見える屋上展望デッキを拡張。
・ 地域の皆様も楽しめるイベントにも利用可能なスペース(中央3階)。

⑥安全・安心(さらに安全・安心な空港へ)
・ フィンガー建替えにより耐震性を強化。
・ 全館の改修により防火性・避難性を強化。

 

 

 

 


伊丹空港の大規模リニューアル計画は201492日に発表されましたが、20151月の入札手続きで資材高騰などの影響から工事内容を見直しを行った事から、2015年春予定の着工が20162月までずれ込みました。当初は全面開業を「2020年春」としていましたが、2018年春に先行開業、20208月の全面開業にスケジュールが変更されました。

長らく改修工事が行われてきたリニューアル工事ですが、2018年4月18日にリニューアル第1弾となる先行エリアがオープン。南北2箇所に分かれていた到着ロビーが中央エリアの増設部2階に集約され、そのままモノレール駅までペデストリアンデッキで移動出来る様になりました。

 

 

 

 


先行エリアがオープンしてから初めて伊丹空港を利用しましたが、小変化が見られたのでご紹介したいと思います。2階の出発口を抜けて8番ゲートに向います。

 

 

 

 

 

 

 


10番ゲート付近の様です。このあたりは美装化が完了していました。

 

 

 

 

 

 

 


天井の低さは如何ともし難いですが、以前に比べると見違える様にきれいになりました。

 

 

 

 

 

 


ムービングウォークに乗って先を目指します。このあたりはあまり変化が見られません。

 

 

 

 

 

 


ムーンビングウォークを降りると、リニューアルされたエリアが現れました!

 

 

 

 

 

 

 


真新しいムービングウォーク!メチャきれいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


ターミナルの各所が仮囲いに覆われており、美装化工事が行われています。

 

 

 

 

 

 

 



伊丹空港のリニューアルで一番変わったのは、増築された建屋に手荷物受取場(バゲージクレームエリア)がターミナル中央1箇所に集約された事です。

 

 

 

 

 

 


リニューアル工事が進む伊丹空港。リニューアルコンセプトSpeedySmart 都市型先進空港」を目指して体質改善が進んでいます。

2 Comments

ikenobo

実際に現場で見るのと写真とでは違うとは思いますが、期待してただけに少し衝撃です。ゲートのサインは黄色ですか。エレベーターの箱は赤。13番ゲートの待合がキッズルームのような色使い。床材も、リノリウムとカーペット(?すいません、写真では判別しにくいので)、できればシックなカーペットに統一してほしかった。窓際に延々と並べられた椅子は必要?まさか69年から使ってる?

もっとも来年のグランドオープンではもっと統一感があるかも知れませんが、今のままではコテコテ感が半端ないです。躯体が変えられないのならせめてデザインで頑張ってほしい。

アリー my dear

北海道へ行かれるときに取材されたようですね(╹◡╹)私はここ1年以上大阪空港はご無沙汰しており、そのため近況がわからなかったこともあって、この記事はとても参考になってありがたく思いました(^。^)

最後の画像、離陸直後のようですが、千里中央まで見渡せていい感じです( ´ ▽ ` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。