【再都市化ナレッジデータベース】

フェリシモ新本社ビル 新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業4工区の状況 20.10


フェリシモ新本社ビル(Felissimo Creative Land)は、神戸港の新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業の内、4工区に建設されている一般企業のオフィスビルで、鉄骨造、地上8階、高さ41.1m、敷地面積2,270.65㎡、延床面積8,548㎡の規模となります。

フェリシモ(FELISSIMO CORPORATION)は、兵庫県神戸市中央区に本社を置く大手通信販売会社で1965年に創業しました。主に自社開発による通信販売業務を行っており、ファッション、生活雑貨、ホビー商品、美容関連商品、食品などを販売しています。20202月期の売上高は286億円、営業利益は30.4億円、当期純利益は3.65億円でした。

【出展元】
景観デザイン協議結果(令和元年度)
FELISSIMO フェリシモ

 

 

新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業は、神戸港の開港150年を記念して神戸市が進めている再開発事業で文化・商業・業務・住宅などで構成された複合開発で、同施設を含め計6棟が計画されています。

 

 


神戸市は事業者を決める公募で、住友不動産・SMBC信託銀行・フェリシモ・モトーレン阪神(GLIONグループ)・関電不動産開発グループを優先交渉権者として選定しました。計画地は神戸市央区新港町71ほかの約3.4haの敷地で、うち2.5ha(A地区が約16900㎡、B地区約7600㎡)が事業者に売却され事業が行われています。総事業費は約460億円で、事業完了後の集客効果は約150万人(初年度)を見込んでいます。

 

フェリシモ新本社の計画概要


名称 FELISSIMO CREATIVE LABO (仮称)
計画名称 フェリシモ棟
所在地 兵庫県神戸市中央区新港町112番地
階数 地上8階
高さ 41.1m
構造 鉄骨造
主用途 事務所、集会場、展示場、物販店舗、飲食店舗
建築主 フェリシモ
設計者 石本建築事務所
施工者 銭高組
敷地面積 2,270.65㎡
建築面積 1,482.00㎡
延床面積 8,548㎡
着工 2019年08月 ※労災保険関係成立票の事業期間
竣工 2020年12月(当初の予定、リスケの可能性あり)

館内にフェリシモ チョコレートミュージアムが誕生


新本社の一角にFELISSIMO CHOCOLATE MUSEUM(フェリシモ チョコレートミュージアム)が誕生します。世界のチョコレートに関する歴史と文化をフェリシモが収集・編集し、「しあわせ」という切り口で、チョコレートの真の価値を発見できる新しいミュージアムです。

2021年9月に、現在建設中のフェリシモの新本社内に設立を予定しています。フェリシモは1996年より約25年もの間、『幸福のチョコレート』として世界のレアチョコレートを日本で紹介を続けてきました。今回は新しい挑戦として、「世界で最も多くのチョコレートパッケージをコレクションするミュージアム」を「チョコレートを愛するみんな」とともにつくることを目指しています。

 

 

 

2020年10月の様子


現地の様子です。外装カーテンウォールの取り付けもほとんど終わり、足場が解体されつつあります。

 



北側から見た様子です。それほど大きなビルではありませんが、採光部がかなり大きい開放的な執務空間になりそうです。

 

 

 


南西側から見た頂部付近の様子です。ロゴマークが取り付けされています。

 

 

 

 


最後は引き気味で見た全体の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です