MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

新宿ウォール456が放映開始!国内最大級の長さ45.6m、高さ1.7mの超横長LEDビジョン(梅田メトロビジョンの半分の大きさ)



JR東日本とジェイアール東日本企画は2021年5月10日付けのニュースリリースで、新宿駅東西自由通路に整備を進めていた空間演出型のデジタルサイネージ媒体ン「新宿ウォール456」の広告・環境演出の放映を同日より開始したと発表しました。

「新宿ウォール456」は国内最大級となる長さ45.6mの超大型LEDビジョンに加え、光柱・天井面への間接照明、16カ所の音響装置により、空間全体で一体感のある圧倒的な表現が可能なデジタルサイネージです。環境演出は、世界最高峰のデジタルアート集団「Moment Factory (モーメントファクトリー)社」を起用し、 「新宿カラーバス(色彩に包まれる)」と名付けた空間コンセプトをもとに、光・音・映像を連動させた新しい媒体を 用いて、新宿の新たな都市景観を創造し、様々な情報発信を行っていく予定です。

【出展元】
新宿駅東西自由通路に空間演出型の媒体が登場!

 



 

■媒体詳細
媒体名称:新宿ウォール456(読み方:シンジュクウォールヨンゴーロク)
サ イ ズ:高さ1.7m、幅45.6m
仕 様:COB(Chip On Board)
タイプ LED ディスプレイ(ドットピッチ:1.58mm)
特 長:①衝撃に強く傷つきにくい、②高精細、③高い安定性、④メンテナンスが容易
放映形式:広告枠3分ロール放映、30分に1回環境演出放映
音 声:出力可能(同空間に新設する「J・AD ビジョン新宿駅東西自由通路」と同時購入の場合)
媒体名称:J・AD ビジョン新宿駅東西自由通路
サ イ ズ:70インチ 面 数:25 仕 様:フルハイビジョン規格液晶モニター
特 長:時間別、曜日別、面別にコンテンツの変更が可能。
放映形式:広告枠3分ロール放映、30分に1回環境演出放映

 

 

 

 



JR新宿駅のLEDビジョンは幅45.6m×高さ1.7m=面積:77.5㎡で、梅田メトロビジョン(幅40m ×高さ 4m=面積160㎡)の半分程度の規模です。JR東日本が国内最大規模とハッキリと表現しているのは過大表現ですが、画素ピッチが1.58mmとLEDビジョンの中ではメチャクチャ高精細、それに加えて天井照明演出や39面の柱面デジタルサイネージと組み合わせる事で、これまでにない空間ジャック感を演出する事ができそうです。

 

 

 

 



初回の広告放映は2021年5月10日(月)5:00からパナソニックの「ナノイーX」を訴求した広告が放映されます。(5月16日24:00まで)

 

新宿駅東西自由通路に国内最長の壁面大型 LEDビジョンを設置!天井面への演出照明・音響装置など空間演出型の媒体を展開

3 COMMENTS

カルル

ぷんぷいさんやSさんのおっしゃる通り、札幌で日本初の何かが始まっても、福岡で日本最大の何かが出来ても、東京キー局は全国ニュースで流さない事は茶飯事です。そして、表参道にまた新しいパンケーキ屋がオープンしたなどという全くどーでもいいような雑報が全国ニュースで流されるというおかしな現象が起きます。

S

首都圏の人からすればローカルニュースなんで関心があるかも知れないですが、それ以外の地域の人間からするとふ〜んぐらいの話題でもテレビの全国放送などで確かにくどい程取り上げられたりは日常茶飯事ですね。

ぷんぷい

東京がメディア牛耳ってますからね。
パンダみたいに、ここが日本で唯一無二の巨大サイネージだ!みたいに全国ネットのTV情報番組で大騒ぎしそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です