MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

御堂筋線なんば駅南北改札内にの大型デジタルサイネージが登場。小田信夫氏作のレリーフ「夢難波(ゆめなにわ)」は何処へ?



御堂筋線なんば駅南北改札付近に8面構成の大型デジタルサイネージが登場ました。撮影時にはに万博公園2025大阪招致のPR映像が放映されていました。

 

 

 

 


横向きで横4面✕縦2面の構成です。厚みも少なく技術の進歩を感じました。

 

 

 

 



サイネージの設置場所は、御堂筋線なんば駅ー南北改札内、彫刻家 小田信夫氏の作品「夢難波(ゆめなにわ)」が展示さてていた場所です。このレリーフは、御堂筋線難波駅の新ホームが完成した1987年に設置された物でした。

 

 

 

 

 

 



設置後、相当の年月が経過していたので、かなり味のあるアート作品で、個人的に気に入ってただけに、若干複雑な気持になりました。このレリーフは何処に行ったのでしょうか・・。

 

 

 

 

 


夢難波(ゆめなにわ)の銘板には、高島屋の名前が刻まれていました。

 

 

 

 

 


最後は再び現地の様子です。撤去されたレリーフが保存されていて、再びどこかに展示される事を願っています。

 

2 COMMENTS

ぽり

高島屋史料館再開に合わせて展示されるのではないすか? 昔、レストランの壁にあった黄金レリーフ その跡に設置された黄金のファミリー像 大昔にレストランにあった岡本太郎のモザイク 長堀にあった小川三知の唐獅子牡丹モザイク等も一部保存されていたようなので 今回も何かしらの対応があるでしょう。岡本太郎のモザイクは発見直後に、たまたま専門家の見学会と重なったので手付かずで、撮影だけOKでした。その後オープンアーキテクチャというイベントで一般の人にも東別館で公開されました。

匿名

まさか、撤去されていないということは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です