MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

六甲山に「ROKKO森の音ミュージアム」が誕生!六甲オルゴールミュージアムをリニューアル、屋外も楽しめる施設へ



六甲山観光は2021年6月3日付けのニュースリリースで、「六甲オルゴールミュージアム」をリニューアルし、「ROKKO 森の音(もりのね)ミュージアム」として7月16日にリニューアルオープンすると発表しました。

同館は、1994年7月21日にアンティーク・オルゴールを中心として自動演奏楽器などを展示、演奏する博物館「オルゴールミュージアム ホール・オブ・ホールズ六甲」として開館。2012年に現在の六甲オルゴールミュージアムに変更されました。

今回のリニューアルでは、「森の音『=心に届くメッセージ』を受けて優しくなれるミュージアム」をコンセプトに、オルゴールの展示・演奏に加えて、六甲山の自然と調和を図る庭園「SIKIガーデン~音の散策路~」を造成。旧ミュージアムガーデンを拡張・整備した、六甲山の自然と調和を図る庭「SIKI ガーデン~音の散策路~」を造成し、屋外コンサートの実施や、音にちなんだ屋外展示を用意して、外でも楽しめる施設にリニューアルされます。

【出展元】
→2021年7月16日(金)六甲山に 「ROKKO 森の音 ね ミュージアム」誕生! 六甲オルゴールミュージアムがリニューアル

 

 

利用者が座ると自動的に音楽が流れる「音のベンチ」も



 



 

SIKI ガーデン~音の散策路は、旧ミュージアムガーデンを拡張・整備した、 六甲山の四季折々の自然の表情を楽しめるナチュラルガーデン。 ガーデン内では定期的に音楽家による野外コンサートを実施するほか、「音」にちなんだ野外展示が楽しめます。 また、ハンモックやウッドデッキなどの居心地の良い癒し空間の造成に加え、「なにもないという贅沢」をコンセプトに、利用者が座ると自動的に音楽が流れる「音のベンチ」や、骨組みのない透明の幕のみで 仕切られた「SIKI ドーム」を導入しプライベートな寛ぎの時間を過ごす事ができます。また、冬には日本初となる「ウィンターガーデン」の 造成も予定しています。

 

森の Café (旧シュトラウス・カフェ)でワンプレートランチ



森の Café (旧シュトラウス・カフェ)では 飲食メニューを一新し、ワンプレートランチやセミセルフ式のカフェ等、 気軽に利用できるようになります。店内だけでなく、SIKI ガーデン内のテラス席での飲食も可能。 メニュー展開は「サスティナブルな社会の実現」を意識し、地産地消・ アニマルウェルフェアへの配慮・フェアトレードの推進を行います。

 

リニューアル記念イベント <演奏家のいないコンサート“久石譲”>を実施



ミュージアムのコレクションの紹介、演奏に加え、日本を代表する作曲家「 久石譲」氏の楽曲を、世界最大級のダンス・オルガンやアンティーク・ オルゴールなどの自動演奏楽器で生演奏。コンサートは入場料のみで、1日に何度でも鑑賞可能です。 また、来場者から募集した久石譲の楽曲に対する思い出の エピソードをコンサート内で紹介。色々な人の思い出と共 に楽曲を鑑賞することで、鑑賞者自身の思い出を振り返って、 郷愁を感じる時間を過ごす事ができます。

 

 



営業時間:10時~17時 ※リニューアル日の7月16日は12時の開園
入場料:大人(中学生以上)1300円、子供(4歳以上)600円
7月16日~9月8日は、リニューアル記念として「演奏家のいないコンサート“久石譲”」を実施。
10時~16時の毎正時から約30分間、久石譲楽曲を自動演奏楽器で演奏する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です