【再都市化ナレッジデータベース】

JR東海が在来線新型「315系」を2021年度〜2025年度にかけて352両投入すると発表!投資額約720億円


JR東海は2020年1月22日付けのニュースリリースで、在来線通勤型電車「315系」を新製することを発表しました。2021年度から2025年度にかけて352両を製造し、名古屋・静岡の都市圏を中心に、中央本線、東海道本線、関西本線などに投入する計画です。投資額は約720億円(車両製作費、付帯工事費を含む)です。

【出展元】
JR東海>在来線通勤型電車の新製について

 

 

 

 


「315系」は、既存の211系、213系、311系が更新期を迎えることを受けて投入が決まりました。公開されたエクステリアイメージでは、311系と同様にコーポレートカラーのオレンジを配色、直線を多用したデザインで「先進性と親近感を表現」しています。

最高時速は130km/h、座席はロングシートで、各車両に6か所の液晶ディスプレイ、5台の防犯カメラ、1か所の車椅子スペースを設け、1編成に1か所の車椅子対応トイレがも設置されます。台車は次期特急車両HC85系と同一とすることで、乗り心地を向上させる。照明装置はLED化されます。また、同社の在来線で初めて、非常走行用蓄電装置を搭載し、停電時などでも最寄り駅までの走行が可能となっています。

 

 

th_IMG_0277_20170830231954fbf.jpg
JR西日本の最新型323系

JR東海が公開した完成予想パースをみると窓割りがJR西日本の323系によく似ています。「315系」の完成予想パースを見るとフロントマスクのカラーリングが未決定の様なので、カラーリングによっては印象が変わるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です