MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

福岡市役所北別館跡地に19階建てオフィスビル!福岡地所らの企業グループを優先交渉権者に選定【2025年11月頃開業】



天神ビッグバンに新たな動きがありました!福岡市は、2021年1月29日から実施していた福岡市役所の「北別館跡地活用事業」の事業者公募について、7月1日に福岡地所を代表とするグループを優先交渉権者に選定したと発表しました。次点は三菱地所を代表とするグループでした。

福岡地所らの企業グループが提案した事業の基本方針は、アフターコロナの働き方に対応する、創造性向上に特化したワークプレイス ~福岡市の重要施策に寄与し、都市機能・国際競争力強化に貢献。地上 19 階、地下2階、高さ88.45m、延床面積 23,268 ㎡のオフィスビルが建設されます。新ビルは、2025年11月ごろに開業する予定です。


※代表企業:福岡地所、構成企業(九州電力、九電工 前田建設、俊設計、旭工務店、サン・ライフ)

【出展元】
福岡市>北別館跡地活用事業 優先交渉権者を決定しました 

 

 

 

 

入居企業や街全体でシェアできるゆとり・遊びの空間「アクセラリウム」



新ビルのフロア構成は上記の通りです。最大の特徴は入居企業や街全体でシェアできるゆとり・遊びの空間「アクセラリウム」。天神ビッグバンを加速する(アクセラレート)開放的な空間(アトリウム)にするという想いで命名された低層部は、地下1階〜地上5階の5層吹き抜け空間 ・知的好奇心を活性化するナレッジ・ハブ、心身のリフレッシュ機能により創造性を高めるリフレッシュ・パーク、心身のリフレッシュ機能により創造性を高めるリフレッシュ・パークなどで構成されます。常駐コラボレーターがワーカーサポートやコミュニティ形成支援を実施し、ハード・ソフト両面でスタートアップを支援する創業支援施設となります。

ビルの6〜19階の14フロアは、延床面積11,960 ㎡の次世代オフィスを体現するオフィスフロアとなります。中でも9〜19階は。内装自由度を高めるために、床・天井を未施工(=ハッカブル)で引渡すハーフスケルトンオフィス『ハッカブルオフィス』となります。6〜8階は内装・什器が完備された小規模内装付きオフィスとなります。

 

 

震度7クラスにも耐えるBCP対応オフィス



新ビルは、震度7クラスの地震発生時でも大きな被害を受けない制震構造を採用します。また、災害時においても3日分の電気・水が利用可能なBCP対応設備、約 500 人を3日間受け入れる帰宅困難者ステーションの設置、災害時に福岡市との連携し、市役所前広場の避難者向け提供物資を保管する防災倉庫の提供、「WITH THE KYUSHU」に貢献する救援物資集積スペースの提供を予定してます。

 

感染症対策・環境配慮

 



感染症対策として、最先端換気技術、自然換気の採用による換気量最大 45 ㎥/h・人の確保 (厚生労働省推奨基準(30 ㎥/h・人)の約 1.5 倍)、各所における非接触技術の採用、タッチレスエレベーター呼出システムの導入、無人オフィス受付システムの採用など、最近のトレンドを抑えた計画です。

また環境配慮として、事業の全期間にわたる SDGs を意識した環境配慮の取組みや、再生可能エネルギーの導入によるカーボンニュートラルの実現(運営時)、ハーフスケルトンオフィスの採用による内装廃材削減などを行い、CASBEE 福岡Aランク相当を取得する予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です