新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

高安検修センターに陸送された近鉄「ひのとり」を愛でる。赤い車体は宝石の様な美しさだった!



 

近鉄は2019年8月30日付けのニュースリリースで、大阪-名古屋間を結ぶ新型名阪特急「80000系」愛称「ひのとり」の概要、運賃、ダイヤ発表しました。「ひのとり」は、「くつろぎのアップグレード」をコンセプトとし日本初となる全席バックシェル設置など、居住性を大幅に向上させた車両となります先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドの外観デザインは従来の近鉄特急のイメージを打ち破るものです。ひのとりは、2020年3月14日から運行を開始する予定です。

【出展元】
新型名阪特急「ひのとり」 2020年3月14日(土)デビュー!

 

【近鉄】新型名阪特急「ひのとり」シート体験キャラバンに行ってきた!



近鉄が新型名阪特急80000系「ひのとり」を正式発表!2020年3月14日にデビュー決定!



近鉄が「ひのとり」「あやかぜ」を商標出願。新型名阪特急の愛称候補か?



【赤いアーバン】次世代名阪特急開発に伴う試験塗装が実施される。アーバンライナーPlusがメタリックレッドに変身!



 

 

 

先日、近畿車輛から高安検修センターに陸送されてきた「ひのとり」を見に行ってきました!写真は敷地外からハイアングルで撮影しています。

 

 

おおおおお!メタリックレッドのボディカラーがメチャクチャカッコイイ!!単なる赤色ではなく、高級車の様な透明感と奥行き感のある上級な塗装である事が見て取れました。

 

 

 

中間車の様子です。美しい・・・。

 

 

 

車両の連結面の様子です。ピアノブラックに塗装されており、手抜きは一切無しの姿勢が見て取れました。

 

 

 

試運転を目前に控えた「ひのとり」。すべての私鉄特急を置き去りにする。ブレークスルーを感じさせる、まさに次世代特急車両だと感じました。これから行われる試運転→3月のデビューに向けて、さらに期待が膨らんできました。

2 COMMENTS

再都市化大ファン

車両に日本で一番力を込めている会社だと思います!こんな素晴らしい鉄道が地元にあって嬉しいです

サジャ

うーん、しまかぜより走ってるとインパクトがありそうですねぇ。
ツルツルピカピカ。出っ張りの無いつるっとした球面が未来的でCGよりずっと格好いいです。絵は格好良いけど実物は「うん?」が多い中でこの子は逆ですね。
しまかぜより利用しやすいので乗れると思います。奈良線でちょこっと鹿を見に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です