MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

阪急武庫川新駅(仮称) 関係4者が具体化に向けた検討開始に合意、武庫川の上空に新駅設置へ前進!


阪急電鉄神戸線の西宮北口〜武庫之荘駅間で設置が検討されている「武庫川新駅(仮称)」について、西宮市と尼崎市、兵庫県、阪急電鉄でつくる検討会は2021年9月3日に、事業の具体化に向けた検討に入ることで4者が合意したと発表しました。

 

西宮・尼崎市境は川の中央にあり、2013年から4者が検討会を重ねてきました。尼崎市は財政難などから新駅設置に対して消極的な立場を取っていましたが「一定の投資効果が見込める」と姿勢を転換。地元の強い要望がある西宮市は「実現への大きな一歩」としています。

【出展元】
(仮)武庫川周辺阪急新駅に関する検討について 

 

 



武庫川新駅は、武庫之荘駅から約 1.6km、西宮北口駅から約 1.7kmの位置に設置されます。武庫川橋梁上付近で河川の上空にホームが設けられる予定で、現在の橋梁が建設された際に新駅設置のスペースが確保されています。駅は2面2線で改札口は両岸2箇所に設置。可動式ホーム柵、各種ホーム保安設備等備え、エレベーター、エスカレーター等移動円滑化設備が設置されます。

 

 

 





 

公表された報告書によると、事業費は駅舎や駐輪場に約55億円、周辺道路整備に約5億円の計約60億円規模の見通しで、今後、国との交渉次第で「社会資本整備総合交付金」を活用できる可能性があると想定、負担割合については、国から3分の1の補助金を得らた場合、残り3分の2を両市と阪急で折半することになると見込んでいます。

試算によると、開業すれば半径1KMロ圏内の人口は両市とも千人近く増え、年間税収も西宮市で約2億円、尼崎市で約1億2千万円増増加する見込みです。これらを踏まえ、4者が「地域の課題解決に新駅は有効」との考えで一致しました。



今後の検討課題・調整事項

1:河川上への鉄道施設(ホーム等)設置および工程等に関する河川協議の深度化
2:既設鉄道橋脚等の耐震補強の必要性
3:周辺整備と繋がる駅施設(改札やコンコース内通路などの利用者動線等)の規模

 

阪急神戸線ー武庫川新駅(仮称)

位置:武庫之荘~西宮北口駅間 武庫川橋梁上付近 (武庫之荘駅から約 1.6km、西宮北口駅から約 1.7km)
ホ ー ム:2面ホーム
改 札 口:2箇所(両岸)設置
安全対策設備:可動式ホーム柵、各種ホーム保安設備等
その他設備:エレベーター、エスカレーター等移動円滑化設備
想定乗降客数:22,623人/日
事業費:約60億円

1 COMMENT

アリー my dear

阪神武庫川駅と同様の構造ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です