新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

御堂筋線梅田駅に地下空間世界最大のLEDモニター「Umeda Metro Vision」が登場!



Osaka Metroは2019年11月1日付けのニュースリリースで、御堂筋線梅田駅で設置工事が進んでいる巨大LEDビジョンー「Umeda Metro Vision」(ウメダメトロビジョン)の放映を12月1日から開始すると発表しました!「Umeda Metro Vision」は横40m×縦4mのウルトラジャンボサイズなMEGAサイズで「地下におけるLEDスクリーン最大ディスプレー」とし世界最大となりギネス世界記録を申請中との事です。LED画素ピッチは3.91mmで大型サイネージとしては相当高精細なモニターとなります。解像度は1,024×10,240(10,485,760dot)、で画面面積は160㎡もあります。

稼働しているホームビジョンの映像と連動させることでインパクトの強い演出が可能となり、お客さまの待ち合わせや情報発信の起点として大阪の新しいランドマークになることを目指すとしています。

【出展元】
Osaka Metro御堂筋線梅田駅に地下空間世界最大※のLEDモニター「Umeda Metro Vision」が登場!

 

 



設置場所はOsaka Metro御堂筋線梅田駅2番線ホーム(千里中央方面)南エリア ホーム側の壁面です。

 

 

【2019年春稼働】阪神甲子園球場のスコアボードがリニューアル!メインビジョンが従来の約1.6倍に大型化



 

ちなみに甲子園球場の「オーロラビジョン」のサイズは横29.76m×縦8.32m、解像度:横3,720×縦1,040、画素ピッチは8mmです。

「Umeda Metro Vision」の大きさは横40m×縦4m、解像度10,240×1,024(10,485,760dot)、画素ピッチは3.91mmです。このビジョンが如何にバケモノ級のサイネージあるかは甲子園のauroraビジョンとスペックを比較すると理解頂けると思います。放映開始は12月1日。おそらく未知の映像体験が出来るので放映開始が非常に楽しみになってきました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です