MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

東京ドームが大規模リニューアルを実施!幅約125.6m、面積約1,050m2の巨大LEDビジョンを設置!


読売新聞グループと読売巨人軍、東京ドーム、三井不動産は2021年12月13日付けのニュースリリースで、東京ドームで過去最大規模となる大規模リニューアル工事を実施すると発表しました。

これまでの約4.4倍の面積となる国内最大級のメインビジョンの新設や、入場ゲートおよびコンコースのデザイン刷新、多様な観戦スタイルに対応した新たな観客席の設置に加え、完全キャッシュレス化や顔認証技術の導入などのDX(デジタルトランスフォーメーション)を行い、来場者に「ジャイアンツの世界を五感で、存分にお楽しみいただく、新しい観戦体験」を提供する取り組みを進めます。

リニューアル工事の主な内容は、1:フルカラーLEDビジョンなどの設置、2:入場ゲートやコンコースのデザイン刷新、3:多様な観戦スタイルに対応した観客席の増設、4:キャッシュレス化などに向けたデジタル技術の導入です。

【出展元】
東京ドームにご来場されるすべての皆様に新しい観戦体験を 223月稼働に向け、過去最大規模のリニューアルとDX(デジタルトランスフォーメーション)を実施
東京ドームリニューアル特設ページ

 

 

1:フルカラーLEDビジョンなどの設置


リニューアルの目玉となるのが、単体の面積としては国内スタジアムで最大規模となるフルカラーLEDメインビジョン。横幅約125.6m、面積約1,050m2の巨大さで、従来のメインビジョン(約238m2)と比較して面積は約4.4倍に拡大します。また、画素ピッチはLEDSMD方式で画素ピッチは10mmとなります。

また、ライト側とレフト側の外野フェンスそれぞれにフルカラーLEDの映像送出装置「リボンビジョン」を設置。高さ4mの外野フェンスの上端から1.28mまでの部分に帯状にビジョンが取り付けられます。

 

 

さらに、メインビジョンとあわせて、場内のLED照明器具約650台をDMX連動によって制御するシステムを導入。音楽や照明と連動した映像や静止画の演出表現、アニメーションなどの動きを交えた様々な特殊効果のほか、後述の外野フェンス上部リボンビジョンや場内コンコースのデジタルサイネージと連携したコンテンツ発信も可能となります。

DMX(DMX512)は:512チャンネルのデジタル信号を送受信することができる通信規格です。DMX連動では、照明器具1台1台を個別に制御できるため、場内のLED照明器具を様々なパターンで点灯、調光することが可能となります。

なお、当初のスケジュールではm2021年シーズンオフ・2022年シーズンオフの2期に分けた改修する計画でしたが、開催が決まっている20221月上旬までのコンサートなどは通常通り開催し、その後は改修に専念する事で工期を縮減し、20223月のプロ野球オープン戦までに改修を終える予定です。

 

スクリーンサイズ:
(上段横長部分) 横約125.6m×縦約7.5m
(中央下段部分) 横約20m×縦約5.4m
合計面積約1,050㎡

 

解像度:
(上段横長部分)12,560×750ピクセル
(中央下段部分)2,000×540ピクセル

 

発光方式:SMD方式
画素ピッチ:10mm


 

 

2:入場ゲートやコンコースのデザイン刷新


入場ゲートやコンコースのデザインを刷新しデジタルサイネージを導入。全ゲートを新たなデザインに変更するほか、コンコースにはLEDディスプレーやデジタルサイネージを設置。快適で洗練された空間へと生まれ変わります。東京ドームのメインゲートである22ゲートでは、大型LEDディスプレー3面(横6.5m×縦3mが1面と、横5m×縦3mが2面)に加えて、16本の天井LEDディスプレーを設置する事で非日常的な球場空間を演出します。

 

 


場内コンコース等に約260台のデジタルサイネージを導入。これにより、座席から離れていても、これまで以上に多くのエリアで試合映像や演出映像が見られるほか、試合展開にあわせて場内サイネージを特定の演出映像で一斉表示するといった送出制御も可能となっており、球場全体の一体感をより高める企画が実現出来ます。

 

 


ジャイアンツファンの専用ゲートである25ゲートには、横9m×縦2.5mの大型ディスプレーで様々なジャイアンツコンテンツを表現し、入場直後のお客様をお出迎えします。

 

 

 

3:多様な観戦スタイルに対応した観客席の増設


観戦スタイルの多様化に加え、感染対策も起因し、小規模グループで観戦を楽しむ需要が高まっています。今回のリニューアルでは、場内の4か所に定員数や専有面積、付帯設備などで特長をつけたグループ席が約400席新設されます。

 

 

(1) THE 3rd PLATINUM BOX (ザ サード プラチナ ボックス)


ザ サード プラチナ ボックスは、白を基調としたL字のソファを1階席3塁側スタンド内に配置した、寛ぎながら観戦ができる4人定員のグループ席です。座席には、テーブル、試合の中継映像用モニター、スマートフォンなどを充電できる電源を設置。熱気に包まれたスタンドの中で、一線を画した高級感と上質なサービスを提供します。4人席×18区画 計72席が設けられます。

 

 

 

(2) SKY TERRACE (スカイ テラス)




SKY TERRACE (スカイ テラス)は2階席の前方ブロックに位置する、クッション性のある座面がついたベンチソファタイプのグループ席です。グループ観戦がしやすいように周囲を木目調の仕切りで囲い、前方にはお食事やお飲み物を広げて食べられるカウンターを設置。家族同士や友人同士でカジュアルに野球観戦を楽しめる空間となります。スカイ テラスは、4人席×44区画 5人席×4区画 196席が設けられます。

 

 

(3)MASU CABANA (マス カバナ)




MASU CABANA (マス カバナ)は、2階コンコースMASU SUITE(マススイート)の並びに位置する半個室のグループ席です。前方にソファセット、後方にカウンター席を配置したレイアウトで、“リゾート”をコンセプトにした内装やインテリアを設えます。壁に仕切られたプライベートな空間の室内には、試合中継映像用モニター、スマートフォンなどを充電できる電源、コート掛けなどを備え付けます。ビーチサイドにあるプライベートスペース「カバナ」のように、リゾートさながらのリラックスした気分で観戦しながら、グラウンドの臨場感も感じられる座席です。4人席×8区画、6人席×6区画、8人席×2区画 計84席が設けられます。

 

 

 

CRAFT COUNTER (クラフト カウンター)


CRAFT COUNTER (クラフト カウンター)は、2階コンコースの外野寄りに位置する、ペア観戦用のカウンター席です。厚みのあるカウンターには真鍮の席番プレートをあしらい、座席には飾り鋲を施すなど、クラフトマンシップを感じられる仕様となります。カウンターのみ設置した立ち見指定も販売。外野スタンドの熱気を味わいながら、気軽に野球観戦が楽しめる座席です。指定席エリア(座席あり) 2人席×12区画 、立ち見エリア(座席なし) 2人席×12区画 の計48席が設けられます。

 

 

(5)プレミアムラウンジのフルリニューアル



3階エリアに位置するバルコニー席「プレミアムラウンジ」を、誕生した2008年以来初めて大幅にリニューアル。エントランス正面にインフォメーションカウンターや100インチの大型サイネージを配置。ラウンジエリアは全面リフォームし上質な雰囲気を提供します。

 

 

プレミアムラウンジの利用者のみが利用できる専用バーを新設し、ビュッフェコーナーとあわせて食事も一層楽しめる様になります。また、バルコニー側に並んだ座席と試合中継映像用のモニターも全て新調。座席は、茶系の柔らかい合成皮革に変わり、肘掛にカップホルダーを備え付け、座面のクッションも厚みが増すなど、高級感に加え機能性も向上した座席となります。

 

 

4:キャッシュレス化などに向けたデジタル技術の導入

 


2020年からの3ヵ年計画でその環境整備と周知に取り組んできましたが、いよいよ脱現金へとシフト。今回のリニューアルにあわせて、場内の完全キャッシュレス化と顔認証技術が本格導入されます。 東京ドーム内の全売店、客席販売、場内チケットカウンターなどにおいて、20223月から「完全キャッシュレス化」を実施します。

 完全キャッシュレス化は巨人戦のほか、東京ドームで開催される他のスポーツ・音楽等の催しでも適用。身軽で多彩なキャッシュレス決済により、より快適でスムーズなお買い物やスタジアム観戦をお楽しみいただけます。なお、場内には「DXサポートデスク」を設置し、初めてキャッシュレスを利用されるお客様等への丁寧なサポートを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です