MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

西九州新幹線の開業日が2022年9月23日(金)に決定!武雄温泉〜長崎間 フル規格で66km、博多―長崎間30分短縮へ


JR九州は2022年2月22日付けのニュースリリースで、西九州新幹線の開業日が2022年9月23日(金)に決まったと発表しました。武雄温泉〜長崎間は、線路延長約66kmで駅数は計5駅。新駅の「嬉野温泉」と「新大村」も開業します。全線をフル規格(標準軌)により整備し、在来線特急列車「リレーかもめ」を乗り継ぐ事で博多―長崎間を現行よりも30分短い約1時間20分で結び、西九州地区の集客力アップなどが期待されています。

武雄温泉駅で博多・武雄温泉間を運行する在来線特急列車「リレーかもめ」を運行し、同じホームで乗換を行う「対面乗換方式」で接続。博多―長崎間を現行よりも30分短い約1時間20分で結び、西九州地区の集客力アップなどが期待されています。

【出展元】
→JR九州>西九州新幹線の開業日について
→長崎県>西九州新幹線

 



新幹線区間と在来線特急列車「リレーかもめ」は、同じホームで乗換を行う「対面乗換方式」で接続します。未着工区間の新鳥栖―武雄温泉間(約51km)の整備方式は財政負担などを理由に佐賀県が反発しており、着工のめどは立っていません。

 

 


西九州新幹線の導入車両は車両は、JR東海が開発し、2020年7月1日に東海道・山陽新幹線で営業運転を開始した「N700S」。東海道・山陽新幹線では16両編成ですが、「かもめ」は6両編成となります。

「N700S」は停電時に対応したバッテリー自走システム、地震時に対応した改良版の自動列車制御装置(ATC)とブレーキシステム、省エネ性が高い炭化ケイ素(Sic)半導体を採り入れた駆動システムなど、基本性能ではJR東海車や2021年2月以降に投入されるJR西日本車に準拠した仕様となります。

また、特急「かもめ」は、1961年から、長崎行きの特急列車として運行を開始し、現在まで約 60年もの間親しまれてきました。現在は博多~長崎間を結んでいる在来線特急の名前を新幹線が受け継ぎます。

 

長崎行き九州新幹線西九州ルート 列車名は「かもめ」に決定!車両はN700S


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です