【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

JR西日本が189系「はまかぜ」型を新型観光列車に改造!「地域の華を列車に集めて、お客様と地域の縁を結ぶ列車」がコンセプト【2024年秋デビュー 】


JR西日本は2022年10月12日付けのニュースで、特急『はまかぜ』などに充当されているキハ189系特急型気動車を改造した新たな観光列車を2024年秋から運行すると発表しました!

「地域の華を列車に集めて、お客様と地域の縁を結ぶ列車」がコンセプトの車両は、イチバンセン代表 川西康之氏がデザインを手がけます。

車体カラーは、紋付き染めで最高級とされる檳榔子染め(びんろうじぞめ)の色がベースで、どこを走っても沿線や駅舎に映えるデザインとなります。

【出展元】
特別な旅を創る新たな観光列車 ~2024年秋 デビュー~ 

 


編成はフリースペースを含む3両編成で、車内は定員が54席のゆったりとしたハイグレード仕様となります。歓談や沿線地域のイベント等も開催できる「フリースペース」も設けられます。料金については、グリーン車以上の価格帯で設定される予定です。

 



この観光列車の特別な旅をきっかけに、利用者がリピーターとなり、 その地域を訪問する事で、各地でにぎわい創出の好循環を作る事を目的としています。

 



車両コンセプトは、地域の華(はな)を列車に集めて、お客様と地域の縁を結ぶ列車。「季節ごとに、運行エリアを変えて、お客様と各地域を結び、地域のとっ ておきを発信する」列車を目指しています。

 


改造される189系「はまかぜ」

新型観光列車は、2024年秋の「北陸デスティネーションキャンペーン」に合わせて運行開始。季節ごとに線区を変えて運行する予定です。

第1弾は、敦賀から若狭・京都府北部を通り、城崎温泉までを結ぶ旅 (小浜線、舞鶴線、京都丹後鉄道線、山陰本線) を予定しており、第2弾以降も、季節ごとに西日本各地のとっておきに出会う旅を提供する、としています。

 

1 COMMENT

@

正直銀河でもよくね?と思ったりしますが、どういった感じで棲み分けするのか気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。